**********************************
過去のワークショップ 2019年
**********************************

サンアンドムーンアカデミー: Relationships by Design with サラ・フルヤ

2019年5月2、3日 ゴールデンウィーク・ステイケーションwith リザ&エム

自分の内から外からあふれる笑顔: フェイス筋膜リリースとリストラティブヨガ
Noriko GendaとLeza Lowitzによるワークショップ

2019年4月27日 YukoによるAyuryoga Workshop
ヨーガとアーユルヴェーダの融合 全存在にヒーリングとバランスをもたらす古代の智慧とプラクティス
4月 春のアーユルヨーガ・ワークショップ For Balancing Vata/Pitta/Kapha

2019年4月20日 カーラ・ハーゼンバーグ先生によるヘッドスタンド/ハンドスタンドワークショップ

2019年4月6日 サンアンドムーン・アカデミー
ヨガで世界がつながっていく: レバノンの旅の記録 with Eiko Minami

2019年3月21日 思いやりの心を育む - メッタ(慈悲)の瞑想ワークショップ with リザ・ロウィッツ

2019年3月3日 バックベンド 2019! カーラ・ハーゼンバーグによるワークショップ

2019年3月2日 サンアンドムーン・アカデミー
遊びましょう! Points of You®でコーチングゲーム with 新開ジェニファー(Points of You®マスタートレーナー)

2019年2月23日 YukoによるAyuryoga Workshop
ヨーガとアーユルヴェーダの融合 全存在にヒーリングとバランスをもたらす古代の智慧とプラクティス
2月 真冬のアーユルヨーガ・ワークショップ For Balancing Kapha

2019年2月3日 アームバランスと立位のバランスポーズで冒険を
カーラ・ハーゼンバーグによるワークショップ

2019年1月26日 サンアンドムーン・アカデミー
「いつまでもガイジン: ホームでも海外でも他者であること」バイエ・マクニール氏による講演とQ&A セッション

2019年1月14日 年に一度のアバンダンス・フロー ワークショップ リザ・ロウイッツによる1日集中講座

2019年1月 キティ先生と学ぶサンアンドムーン マタニティ・ヨガ20時間指導者養成コース



sma_logoサンアンドムーンアカデミー

Relationships by Design
with サラ・フルヤ

2019年5月11日(土) 5:30pm-7:30pm

sma_may2019私たちは常に周囲の人々とのリレーションシップ(関係性)の中にいます。グループ、チーム、家族など、こういった関係性という体系、そしてその中にいる個人にも、それぞれの人生があります。そういった関係性には本質的なインテリジェンス(知能)が備わっていて、そこに存在する人々と関わりを持たずともその知能を活用することができます。でも、どうやって? デザインを使うのです。

人生や目標を計画する時、自分が巨大な関係性という体系の一部だということを忘れがちです。デザインを用いて関係性という体系を計画しようということは滅多にないでしょう。突如何かが変わってしまったり、矛盾が起こったり、役割分担がややこしくなってしまいます。このワークショップでは、私たちにとって最も大切な関係性を見極めてデザインするプロセスを通して、大切な相手でも苦手な相手でも、最善の関係性を描けるようにエモーショナルインテリジェンス(感情的知能)と他の形態のインテリジェンスを活用する方法を探っていきます。

このワークショップでは、身近な関係性にあるインテリジェンスを取り入れるための簡単で効果的な方法を学びます。
・関係性の大まかな全体像とそれぞれが互いにどのように関わっているかを学ぶ
・自分が属する関係性の中の繋がりを見て、最善の成果を想像する
・関係性を改善し、Relationship Systems Coaching™の基礎の考え方を学ぶ
・「Constellation(似たもの同士の集まり)」と呼ばれるツールを体験し、あなたの関係性の可能性を解く

ワークショップは日本語通訳付きで開催いたします。

サンアンドムーンアカデミーとは
活動の目的
サンアンドムーンは誰もが安心して参加でき、5つの「I(アイ)」、Idea(発想)、Information(情報)、Inspiration(インスピレーション)、Innovation(改革)、Inquiry(問いかけ)をキーワードに互いが繋がる、そんなコミュニティ・スペースをみんなで作ります。生活を充実させ、励みになるプログラムを提供することを目指しています。活動の軸として、講義、ワークショップ、会談、パフォーマンスなど、自信をもって次に向かって動いていく力を与えてくれるイベントを開催します。スピリチュアリティ、ヨガ、サイエンス/テクノロジー、アート、またさまざまな発想など、それを見る視点から、取り組み方まで、人々を勇気づけるテーマを取り上げます。サンアンドムーンアカデミーのコミュニティは、学びを吸収し、大勢の方と分け合いながら成長し続けます。

Why
みんなで集まると素晴らしい力が生まれます。私たちの周りには、さまざまな文化をバックグラウンドにもつ、平凡な暮らしの中を非凡に生きる素晴らしいストーリーに溢れた、感動を与えてくれる人々が大勢います。サンアンドムーンアカデミーを創ったリザ・ロウィッツは「サンアンドムーンアカデミーは、個人、社会、家族がそれぞれにベストな形で、人々が持っている才能や技能を発展させていけるよう力を与えるためにあります。このプログラムとコミュニティ空間から、思いやり、奉仕と愛の心をもって、多様な分野、文化、バックグランドを学ぶための空間を提供し、好奇心や気付き、そして繋がりを育むことを目指しています。」と話しています。

sarahインストラクター: Sarah Furuya
フルヤサラは東京をベースにブレイクスルー・コーチとして2001年から活動しています。人間心理学と人間生態学の名誉学士号を修め、Relationship Systems™コーチのトレーニングを受け、またLumina® Spark and Saville Wave®最古メトリクス・プラクティショナーの認定を受けています。2005年よりコーポレートトレーニングビジネスに携わり、2012年より独立してコーチングビジネスを開始しました。以降、生活でも仕事でも質の良い経験を積み、パフォーマンスを上げて高いリーダーシップ能力を獲得することを望む数千ものグループクライアントおよび個人クライアントをサポートしています。女性のリーダーシップの将来と才能あふれる女性のパイプラインを守ることをテーマにして大阪や東京で開催されたHRカンファレンス、BBCビジネスマターズ、女性のインターナショナルカンファレンス等、さまざまな場でスピーカーとして登壇しました。また、2011年から2013年はFEW (For Empowering Women) のプレジデントを勤めました。Find Your Elementではレギュラースピーカー、また年4回開催される東京ミッドタウンのメガ・クロススワップを運営するなど、女性のパワーを後押しするためにさまざまな場で活躍しています。

参加費: 3500円

日本語通訳:松元頼子

<申し込み方法> *受付は終了いたしました。
このワークショップに参加ご希望の方は、メールにて、表題に参加ご希望のワークショップ名をご記入の上、氏名、住所、電話番号を明記のうえお申し込み下さい。お申し込みを確認し、スタジオよりご案内のメールを送信します。ご案内メールに特別な記載がない限り、サンアンドムーンでは参加費の事前のお支払いをお願いしております。お申し込み受付メールに記載されている期日までに(通常は受付から2週間以内)参加費のご精算をお願いいたします。


staycationゴールデンウィーク・ステイケーション with リザ&エム

2019年5月2日(木・祝)、5月3日(金・祝)
9:00am - 7:00pm

定員に達しました! キャンセル待ちのみ受付可能です。

東京で過ごす、ゴールデンウィーク・ヨガリトリート。

リザ・ロウィッツとエム・ベッティンジャーによる2日間のサンアンドムーン・ステイケーション。コミュニティの中でプラナーヤマ、瞑想、アーサナを行う2日間。身体に、心に、魂に、元気を充電しましょう。

この2日間のプログラムは、エム先生がガイドするシンプルな瞑想の練習から始まり、普段の生活から離れ、この2日間に身体も頭もセットする気持ちを作ります。その後、インドのカイヴァルヤダーマで指導された古典的なクリヤ(浄化)と呼吸法の練習、アーサナの練習を行います。

午前中の練習の後、ランチ休憩を取り、午後はリザ先生とマインドフルネス瞑想とリストラティブヨガを行います。

両日、充実して1日を終えることを目標に、休暇でどこか遠くへ気分転換したかのように、元気を得てリフレッシュしましょう。

【1、2日目共通のスケジュール】
9.00-10.15 呼吸法/瞑想、エム先生
10.30-12.30 ヴィンヤサヨガ/エム先生(1日目:活発なマインドを落ち着けて、気付きを育む、2日目:陰と陽の要素を少しずつ取り入れた練習)
1.00-2.00 ランチ休憩
2:30-4:30 マインドフルネス瞑想/リザ先生 (1日目:マインドフルネス瞑想と慈悲の瞑想、2日目:マインドフルネス瞑想とトンレン瞑想)
5:00-7:00 リストラティブヨガ/リザ先生

【プログラム詳細】
ヴィンヤサヨガ/エム先生

・1日目: 活発なマインドを落ち着けて、気付きを育む
世の中で起こっていることは自分ではコントロールできませんが、自分の内側は可能です。活発に活動するマインドを調整して、今このときに起こるべくして起こっている呼吸とエネルギーの動きに気付きましょう。動くことにより、静けさを得ていきます。支えのある後屈や前屈から練習を始めて緊張感や疲労をそのまま受け止め、コアを使って熱を作り、フローへと続く、心身の変化を味わう練習構成です。変化に合わせて動いてみましょう! 変化の舞を楽しみましょう! 静けさと穏やかさはどのポーズからも味わうことができます。

・2日目: 陰と陽の要素を少しずつ取り入れた練習
「陰」の動きの前に「陽」の動きを取り入れるクリエイティブなクラス。太陽礼拝のバリエーションや、ダイナミックな「陽」のポーズ、そしてヒップ、腰、下肢にフォーカスした受け身の陰のポーズでクールダウン。好みの練習スタイルがどんなものであれ、テーマは同じ。「自己を受け入れること、愛、平和、存在、気付き」。どんな人にも合うクラスです!

マインドフル瞑想/リザ先生
・1日目: マインドフル瞑想と慈悲の瞑想
マインドフル瞑想の練習を行い、慈悲の瞑想(メッタ・バーヴァナ)に移ります。ブッダが考案したといわれるこの瞑想は、生きていく中で対立や争いを減らすことができるように内なる調和を育みます。サンスクリット語で「メッタ」は「愛情」、「慈悲」を意味し、「バーヴァナ」は「養成」、「育成」を意味します。自己に、そして他者に対し、思いやりと愛情を育む練習です。

ハートに重きを置くこの練習により、自分に対しポジティブなエネルギーご愛を送る機会を与えます。そうすると、他者に対し、愛情と寛容な許しの気持ちを送ることができ、自己の傷みを癒し、他者との関わり合いにバランスをもたらします。これを練習を繰り返し行えば、生活にハーモニーが生まれるでしょう。この瞑想を誘導付きで行い、感じたことの記録、パートナープラクティス、ディスカッションを行います。

・2日目: マインドフル瞑想とトンレン瞑想
マインドフル瞑想を行い、トンレン(与えることと受け取ること)瞑想の練習に移ります。この勇敢で力強い瞑想の練習のことを「トンレンは深い親切心を育む練習だ。全身全霊で(自分自身や他者の)圧倒的な苦難の存在を寛容に受け入れ、慈悲の力を受け、そして寛容さを育むことで、強さと意志でもって疎外感を思いやりに転換していける。」とジョアン・ハリファックス老師が述べています。この瞑想を誘導付きで行い、感じたことの記録、パートナープラクティス、ディスカッションを行います。

【レベル】
全レベル対象。初心者大歓迎です。怪我や痛みがある方、妊娠中の方などはお申し込み時にお知らせください。

【講師について】
リザ・ロウイッツ

サンアンドムーンヨガ主宰。In Search of the SunYoga Poems: Lines to Unfold ByYoga Heart: Lines on the Six PerfectionsSacred Sanskrit Words: For YogaChant and Meditation(Reema Datta共著)、韻文形式の小説 Up from the Sea(Penguin Random House)など、20冊のベストセラー本の著者。25年以上に渡りハタヨガ、リストラティブ・ヨガの練習、指導をを行なっており、リザのトレーニングの元、これまでに1000人以上の指導者が日本や世界各地に誕生している。開催するリトリートやワークショップは常に満員で、世界各地でもワークショップを開催している。リザ・ロウィッツのウェブサイト

エム・ベッティンジャーはその動きと構造に魅せられ、幼い頃からダンスを始める。18歳でコンテンポラリー・ダンスを学ぶ道へと進み、ダンスの勉強を通じてヨガに出会う。呼吸に導かれ、内なるエネルギー放つヨガは「マットの上でのダンス」だとエムは考えている。エムは、動きは身体、精神、感情に裏打ちされるべきものであること、そして、人として成長するにつれて、プラクティスも成長することを信念にしている。エムはSun & Moon Yogaで、ヴィンヤサー・フロー、陰ヨガ、アシュタンガ・ヨガを指導している。

【参加費】:
早割り:25,000円(2019年3月15日までにお支払い完了を含めて登録を完了される場合に適用)
通常価格:30,000円(2日分、2019年3月16日以降のお申し込みに適用)
1日のみの参加:18,000円(お申し込みは、2日間とも参加される方を優先させていただきます。)
ランチ、交通費、宿泊は含まれておりません。マットやプロップスはスタジオに用意してあります。

日本語通訳:鈴木ミナ & 松元頼子
定員:16名

<申し込み方法> *受付は終了いたしました。
このワークショップに参加ご希望の方は、メールにて、表題に参加ご希望のワークショップ名をご記入の上、氏名、住所、電話番号を明記のうえお申し込み下さい。お申し込みを確認し、スタジオよりご案内のメールを送信します。ご案内メールに特別な記載がない限り、サンアンドムーンでは参加費の事前のお支払いをお願いしております。お申し込み受付メールに記載されている期日までに(通常は受付から2週間以内)参加費のご精算をお願いいたします。


anatomy_smile自分の内から外からあふれる笑顔: フェイス筋膜リリースとリストラティブヨガ
Noriko GendaとLeza Lowitzによるワークショップ

2019年4月28日(日) 2:30pm -5:00pm
定員に達しました。キャンセル待ちのみ受付いたします。

リザ先生とノリコ先生のコラボレーションで贈る、楽しいフェイス筋膜リリースセッションと、深い安らぎを感じるリストラティブヨガのワークショップです。

みなさんは最近、心から笑えていますか?
時間に追われた忙しさの中で、笑うことを忘れていませんか?
自分では笑っているつもりでも、表情筋がかたまっているとほんとうの笑顔にはなりません。
ほんとうの笑顔とは、目が弓のかたちになるようなやさしい表情です。

このワークショップでは、ノリコ先生が解剖学的な視点から見た笑顔を作るための表情筋を解説して、実際に笑顔になるために使われる筋肉がどこにあるかをしっかりと理解していただきます。
その後、その各筋肉を意識しながらのデコルテと顔のストレッチ。そして口の中からのリリースをしてもらいます。きっと、お顔の片側だけが終わった時の左右違に驚かれることでしょう。

口内リリースの時のゴム手袋は、お渡しします。
より効果的にリリースをしたい方はフロアーに置いて使える角度を変えられる顔が映る大きさの手鏡をご用意ください。ご自宅でも繰り返し行えるようにしっかりと学べます。

フェイス筋膜リリースの後は、リザ先生がリードする自己に栄養をじんわりとみなぎらせるリストラティブヨガを行います。心身ともに生まれ変わるようなリラクゼーションを体感し、自己を大切にする気持ちを育みましょう。

心の内から外から、一緒に笑いましょう!

インストラクターについて:
noriko_gendaNoriko Genda

Zoya Holistic セラピスト。サイコソマティック ・ボディーワーカー。
「自分にとって大切なこと。自然と旅とサーフィン。家族。友達。音楽。自分はNomadだと思っています。旅は必ず私に新しい風を運んできてくれます。時間と波のある時には、サーフィンをして海からのウィーターフルなエネルギーをたくさんいただいています。私がニュートラルでいられるためのとても大切なこと。私が Inner Peace を得るためのツール。」
前職は、広告向けファッションスタイリスト。スタイリスト当時にはじめたサーフィンをきっかけに、生きること、ほんとうの自分とは?に疑問を抱き、中国式整体師に転職。
さらに、Body、Mind & Spritへの関心から、催眠療法やエネルギーワークを勉強し、現在は、筋膜に働きかける手技であるMSIをメインに、代々木上原と鎌倉でセッションを開催。

1999年 中国式経脈整体一級整体師 取得
2010年 NadyHouse ヒプノセラピー基礎講座修了
2013年 米国ポラリティー協会認定APPプラクティショナー取得
2017年 MSI(Maupin Method of Structural Integration)資格取得

leza_portraitリザ・ロウィッツ
サンアンドムーンヨガ主宰。In Search of the SunYoga Poems: Lines to Unfold ByYoga Heart: Lines on the Six PerfectionsSacred Sanskrit Words: For YogaChant and Meditation(Reema Datta共著)、韻文形式の小説 Up from the Sea(Penguin Random House)など、20冊のベストセラー本の著者。25年以上に渡りハタヨガ、リストラティブ・ヨガの練習、指導をを行なっており、リザのトレーニングの元、これまでに1000人以上の指導者が日本や世界各地に誕生している。開催するリトリートやワークショップは常に満員で、世界各地でもワークショップを開催している。リザ・ロウィッツのウェブサイト

参加費: 5,000円

フェイス筋膜リリースは日本語で開催いたします。(英語が必要な方は簡単なウィスパリングでサポートいたします。)リストラティブヨガは英日バイリンガルで開催いたします。

<申し込み方法> *受付は終了いたしました。
このワークショップに参加ご希望の方は、メールにて、表題に参加ご希望のワークショップ名をご記入の上、氏名、住所、電話番号を明記のうえお申し込み下さい。お申し込みを確認し、スタジオよりご案内のメールを送信します。サンアンドムーンでは参加費の事前のお支払いをお願いしております。お申し込み受付メールに記載されている期日までに(通常は受付から2週間以内)参加費のご精算をお願いいたします。


Chakra_Lotusヨーガとアーユルヴェーダの融合 
全存在にヒーリングとバランスをもたらす古代の智慧とプラクティス
YukoによるAyuryoga(アーユルヨーガ)Workshopシリーズ

<4月 春のアーユルヨーガ・ワークショップ
For Balancing Vata/Pitta/Kapha>

2019年4月27日(土) 4:30pm-6:30pm

日本では数少ない正式なAyuryoga(アーユルヨーガ)指導者養成コースを修了したYukoによるアーユルヨーガ2時間ワークショプです。

4月のテーマはトリ・ドーシャ(3つの基本ドーシャ)の調整です。年度替わりのこの時期に、変化に敏感なVataを鎮め、咳や痰をため込みやすいKaphaを解き、熱や怒りをおこしやすいPittaを納めましょう。アーユルヨーガの呼吸法やアーサナで3つのドーシャのバランスを安定させます。

私たちはお互いに、ふるまい方や感情表現、触発される動機や興味の対象、感じる力、不調になる原因、ストレスや恐怖、不安や失敗から身を守る方法が異なります。アーユルヴェーダの癒しの科学は個人の質(プラクリティ)の正しい認識が基盤となっています。
もし、それぞれの個人が自分の質に気づいていれば自分に合った食事法やライフスタイルを理解しやすくなります。
ある人にとってよい食べ物も別の人にとっては毒になることもあります。そのため、人生を健康で幸せな状態へと調和させるためには、個人の質をよく知ることが大切です。
気質や体質は定義づけるには複雑な概念でもありますが、アーユルヴェーダは区別の目安となる特有の、そして、その永続的な特質を自然の原理から導きだし、それが個別にみられる特徴を理解するのに役立てる基本要素となっています。

気質にはVata(ヴァータ)、Pitta(ピッタ)、Kapha(カファ)があります。純粋なヴァータ、または純粋なピッタやカファという人はほどんどいません。たいていの場合、ふたつのカテゴリーが優勢です。なぜなら私たちの気質は胎児の時に両親の二つの体とマインドの状態から得たものだからです。

Ayuryoga(アーユルヨーガ)は人々の健康をサポートする為、アーユルヴェーダの著名な医師 Dr.ヴァサント・ラッドにより産み出されたヨーガとヴェーダ科学、そしてアーユルヴェーダとヨーガセラピーを融合させたハタヨーガ・セラピーです。
クラスはドーシャのバランスを整えるための瞑想や呼吸法、ムドラー、アーサナを通して、一人ひとりのその日の体調やコンディションや季節に合わせて数種類のポーズをゆっくりと丁寧に行います。

ayurveda-yoga-practice-04<春のワークショップ ヴァータ/ピッタ/カファのバランス>
春は季節の変化によりヴァータ(風のエネルギー)が増えると様々な病気を誘発したり、冬の間に蓄積されたカファ(水のエネルギー)による鼻水や痰、アレルギー症状などや、気温の上昇によるピッタ(火のエネルギー)のアンバランスで消火器官の疾患を起こしやすくなります。

アーユルヴェーダにおける健康な状態とはヴァータ・ピッタ・カファの3つのエネルギーがちょうどよい関係性を保つことを指します。春のアーユルヨーガで風・火・水に代表される3つのドーシャを鎮静させ、元気のもと(オージャス)を増やして心身の健康を促進させましょう。

自然と宇宙の元素に基づいたシークエンス(ポーズ構成)はアーユルヨーガのプラーナヤーマから始まり、ナマスカーラへ、そして季節に合わせた3つの体質(ドーシャ)を整えるアーユルヨーガのアーサナへと進み、瞑想へと導かれます。アーユルヨーガのクラスの参加後は安定感と活力を得られるでしょう。

<アーユルヨーガWSの内容>
1.プラーナヤーマ(アーユルヨーガの9種類の呼吸法から季節に合わせて数種類)
2. 太陽礼拝(スーリヤナマスカーラ)または月の礼拝(チャンドラ・ナマスカーラ)
3. ドーシャを調和する太陽礼拝と月の礼拝のバリエーション
4. 季節のアーユルヨーガ・アーサナ
5. ドーシャ(体質)の乱れを調和するアーユルヨーガ・アーサナ
6. アグニ(消化力)のバランスを整えるアーユルヨーガ・アーサナ
7. マントラ瞑想

このAyuryoga(アーユルヨーガ)スペシャルWSでは、アーユルヴェーダに基づいたヨーガセラピー、呼吸法、プラーナヤーマ、瞑想を行います。アーユルヴェーダの様々な原理にフォーカスしたヨーガを体験できます。

このワークショップシリーズは2ヶ月に1度のペースで開催いたします。季節の変化に合わせて体調を整え、健やかに過ごすためのヒントを学びます。

yuko_sky<講師>
Yuko (後藤 裕子)
Rasayana Yoga主宰。
大手ヨガスタジオでインストラクター養成コースを担当しながら、ヨーガとアーユルヴェーダを日々研鑚中。幼少よりヨーガとダンスを習得。日本大学芸術学部洋舞コース卒。在学中より数多くの舞台に立ち、文化庁海外文化交流事業の海外公演などの経験を持つ。様々なボディワークを学び、現在はヨーガセラピストとして活動しながら、さらにヨーガの叡智とアーユルヴェーダをライフワークとして日常生活に取り入れる為に学び続けている。
アーユルヨーガ正式指導者資格取得。全米ヨガアライアンス E-RYT-500認定講師。
YACEPヨーガ継続研修プロバイダー ※Yukoによる全講座は全米ヨガアライアンス認定の継続研修時間に加算できます。

参加対象レベル:ヨガ練習歴半年以上が望ましい。妊娠中の方はお控えください。

参加費:4000円

リピーター割引!
アーユルヨガワークショップは2カ月に1回、季節とともに起こりやすいドーシャの乱れを整えるヒント満載で開催しています。四季の移り変わりを体感して、もっと健やかに楽しみたいと考えている方には嬉しい割引です!
リピーター割引:3500円(お申し込み時に必ずリピーターである旨をお知らせください!)

このワークショップは日本語で開催いたします。

<申し込み方法> *受付は終了いたしました。
このワークショップに参加ご希望の方は、メールにて、表題に参加ご希望のワークショップ名をご記入の上、氏名、住所、電話番号を明記のうえお申し込み下さい。お申し込みを確認し、スタジオよりご案内のメールを送信します。サンアンドムーンでは参加費の事前のお支払いをお願いしております。お申し込み受付メールに記載されている期日までに(通常は受付から2週間以内)参加費のご精算をお願いいたします。


カーラ・ハーゼンバーグ先生によるヘッドスタンド/ハンドスタンドワークショップ

handstand32019年4月20日 2:30pm -5:00pm

定員に達しました。キャンセル待ちのみ受付可能です。

どのレベルの人にも楽しいパワフルなワークショップ。挑戦がいっぱい、そしてインスピレーションもいっぱい詰まってます!

まずは4、5種類の難易度の高くない逆転のポーズを取り入れたフロープラクティスで身体を温め、気持ちの上でも調えていきます。その後、シルシャーサナ(ヘッドスタンド)とアドムカヴィルクシャーサナ(ハンドスタンド)を、しっかりとしたアラインメントとデモンストレーションをお見せしながら、プロップスや壁をサポートにして練習します。

カーラ先生が個別に指導してアシストし、ポーズの形を整えていきます。ヘッドスタンドやハンドスタンドを初めて行う方も、もっと高度なバリエーションにトライしたい方も、このワークショップは次のレベルの練習へ進めるちょうどよい機会になります。

自分のポーズの中で、強さ、安定性、そして自由を見つけましょう。汗をかきに来てくださいね。疑問に思っていることをワークショップ中にぜひ聞いてください。それから、倒れることを恐れないでくださいね!

headshotjapanインストラクターについて: カーラ・ハーゼンバーグ

参加費: 5,000円

日本語通訳:松元頼子

<申し込み方法> *受付は終了いたしました。
このワークショップに参加ご希望の方は、メールにて、表題に参加ご希望のワークショップ名をご記入の上、氏名、住所、電話番号を明記のうえお申し込み下さい。お申し込みを確認し、スタジオよりご案内のメールを送信します。サンアンドムーンでは参加費の事前のお支払いをお願いしております。お申し込み受付メールに記載されている期日までに(通常は受付から2週間以内)参加費のご精算をお願いいたします。



sma_logoSun and Moon Academy Presents

ヨガで世界がつながっていく: レバノンの旅の記録
with Eiko Minami

2019年4月6日(土) 6:30-8:30pm

yoga-love人口に対する難民の割合が世界で最も高い国、レバノン。
今回のスピーカーのミナミエイコさんは中東でNGO職員として被災者や難民に対する心理社会的ケアワークショップを含む人道支援を実施しています。そこで難民キャンプに住む女性たちと一緒にヨガを行ってみました。生まれて初めて体験するヨガ、どんな風に感じたのでしょうか?
エイコさんは、活動を継続するため、またすぐに中東に戻られる予定です。

このチャリティイベントで、シリアとパレスチナの難民とともに過ごしたご自身の体験をお話いただきます。プレゼンテーションを交え、質疑応答しながら、難民を取り巻く現状を、体験型ワークショップを通じて、一緒に考えてみませんか? 

このイベントはスピーカーによるバイリンガル形式で開催いたします。

Eiko_MinamiEiko Minami:演劇、アートセラピー、心理学などを学び、2006年からNGO職員として、アジアや中東で、被災者や難民に対する心理社会的ケアワークショップを含む人道支援を実施。夢は、難民キャンプに、本当にリラックスできるヨガスペースを作ること。

参加費
2000円(参加費の一部は、2017年からレバノンのベカー高原で難民へのヨガ教室を開催しているイギリスの慈善団体「Tools for Inner Peace」に寄付されます。)

サンアンドムーンアカデミーとは
活動の目的
サンアンドムーンは誰もが安心して参加でき、5つの「I(アイ)」、Idea(発想)、Information(情報)、Inspiration(インスピレーション)、Innovation(改革)、Inquiry(問いかけ)をキーワードに互いが繋がる、そんなコミュニティ・スペースをみんなで作ります。生活を充実させ、励みになるプログラムを提供することを目指しています。活動の軸として、講義、ワークショップ、会談、パフォーマンスなど、自信をもって次に向かって動いていく力を与えてくれるイベントを開催します。スピリチュアリティ、ヨガ、サイエンス/テクノロジー、アート、またさまざまな発想など、それを見る視点から、取り組み方まで、人々を勇気づけるテーマを取り上げます。サンアンドムーンアカデミーのコミュニティは、学びを吸収し、大勢の方と分け合いながら成長し続けます。

Why
みんなで集まると素晴らしい力が生まれます。私たちの周りには、さまざまな文化をバックグラウンドにもつ、平凡な暮らしの中を非凡に生きる素晴らしいストーリーに溢れた、感動を与えてくれる人々が大勢います。サンアンドムーンアカデミーを創ったリザ・ロウィッツは「サンアンドムーンアカデミーは、個人、社会、家族がそれぞれにベストな形で、人々が持っている才能や技能を発展させていけるよう力を与えるためにあります。このプログラムとコミュニティ空間から、思いやり、奉仕と愛の心をもって、多様な分野、文化、バックグランドを学ぶための空間を提供し、好奇心や気付き、そして繋がりを育むことを目指しています。」と話しています。

<申し込み方法> 受付は終了いたしました。
このワークショップに参加ご希望の方は、メールにて、表題に参加ご希望のワークショップ名をご記入の上、氏名、住所、電話番号を明記のうえお申し込み下さい。お申し込みを確認し、スタジオよりご案内のメールを送信します。


3月の瞑想ワークショップ
思いやりの心を育む - メッタ(慈悲)の瞑想ワークショップ with リザ・ロウィッツ

2019年3月21日(木/祝) 3:30-5:30pm

lovingダライ・ラマは、「人を幸せにしたいなら、思いやりを学びなさい。自分が幸せになりたいなら、思いやりを学びなさい」と言っています。このワークショップでは、メッタ(慈悲)の瞑想を行い、慈悲の心がもつ力が生み出す愛情と、寛容な心の成長を、瞑想を通して呼び起こし、また育んでいきます。チベット仏教で取り入れられているこの瞑想の練習はとても力強く、人間に本来備わっている静かな落ち着きある愛情を育んでくれます。ワークショップでは、この瞑想を誘導付きで行い、パートナープラクティス、ディスカッションを行います。

瞑想が初めての方も、日ごろ練習している方も、ぜひご参加ください。これまでに慈悲の瞑想ワークショップに参加された方もぜひお越しください。

講師プロフィール:
リザ・ロウィッツ

参加費:3,500円

日本語通訳:松元頼子

過去のワークショップ参加者からいただいたご感想
「本格的に瞑想について学ぶのは今回が初めてでしたが、非常にわかりやすく、そして感銘を受けました。
今まで瞑想というと「自分の集中のために行う」というイメージがあったのですが、教えていただいたことは「他者への祈り」だったので、この練習はぜひ毎日行いたいと素直に思いました。その際の「集めてひとつにすることで他人に(慈しみを)送りやすくなる」というイメージもとても腑に落ちました。私は毎朝、神棚に手を合わせ、先祖や亡くなった祖父母、両親に感謝を捧げるのですが、仏教と神道という違いはあれども、非常に似ているとも感じました。
また、直感に任せて今回の参加を決めたと思っていましたが、プログラムが進んでいくうちに、瞑想に興味を持たせてくれたある友人のことを思い出しました。療養中の彼女に何かしてあげられることはないかと思っていたタイミングで、こちらのWSに出会ったのだということを。今度会ったときに、彼女に行いたいと思います。目の前の方や、自分の大切な人達のことを想いながら過ごしたせいか、スタジオを出る頃には身体中がポカポカ温まっていました(普段は冷え性なのですが…)。本当にありがとうございました。宿題、毎日行います!」(M.S.さん)

<申し込み方法> *受付は終了いたしました。
このワークショップに参加ご希望の方は、メールにて、表題に参加ご希望のワークショップ名をご記入の上、氏名、住所、電話番号を明記のうえお申し込み下さい。お申し込みを確認し、スタジオよりご案内のメールを送信します。ご案内メールに特別な記載がない限り、スタジオから送信するご案内メールより2週間以内に受講費を精算していただくことをもって、ご予約完了となります。


バックベンド 2019!
カーラ・ハーゼンバーグによるワークショップ

back_bends_20192019年3月3日(日) 2:30pm -5:00pm

定員に達しました。キャンセル待ちのみ受付可能です。

どんなレベルのヨギ/ヨギーニにも、次のレベルにチャレンジする機会になるパワフルで楽しいワークショップです。いつもの練習のヒントになること間違いありません! プロップスや壁を使い、さまざまなバックベンド(後屈のポーズ、例えば、ウルドゥバダヌラアーサナとそのバリエーション、ラクダのポーズ、マーメイドのポーズ、鳩の王様のポーズ、ワイルドシング/フリップダウンドッグ、爪先立ちの魚のポーズなど)を、それぞれの細かなインストラクションときちんとしたアラインメントで、練習を深めていけるよう導きます。バックベンドの練習方法を探している方、難易度の高いポーズにチャレンジする準備が整ってる方など、個々の次のレベルに進むためのテクニックを学べます。
先生から細かな指導を個々に受けられるまたとないチャンスです! 学んで、成長して、そして楽しみましょう!

汗をかきに、質問しに、どうぞご参加ください。転ぶことは恐れないで、自分のポーズに潜むもっと大きな力、安定感、そして自由な感覚を開拓しましょう! ここで学んだことを、毎日の自主練にも取り入れていけます。

headshotjapan
インストラクターについて: カーラ・ハーゼンバーグ先生

参加費: 5,000円

日本語通訳担当: 山縣美礼(やまがたみれい)
バイリンガル声優、俳優、ダンサー、ライター。アメリカ・ドイツ育ち。主な出演作品はJapangle(NHK)、プレキソ英語Sushitown(ETV)、しまじろうのWAO(Benesse)、ドラゼミEnglish/Great Fun Book(小学館)など。ヨガ歴5年。

<申し込み方法> *受付は終了いたしました。
このワークショップに参加ご希望の方は、メールにて、表題に参加ご希望のワークショップ名をご記入の上、氏名、住所、電話番号を明記のうえお申し込み下さい。お申し込みを確認し、スタジオよりご案内のメールを送信します。ご案内メールに特別な記載がない限り、スタジオから送信するご案内メールより2週間以内に受講費を精算していただくことをもって、ご予約完了となります。



sma_logoSun and Moon Academy Presents

遊びましょう! Points of You®でコーチングゲーム
with 新開ジェニファー(Points of You®マスタートレーナー)

2019年3月2日(土) 5:30-8:30pm
当日のご参加OKです!

pov_3_11_13-318Points of you®を活用することで、人間が本来持っている本質的な能力を引き出すことができます。それは、日常の生活やビジネスなど様々な場面において必須とされる能力であり、磨けば磨くだけ人間力が養われてくるでしょう。

Points of You®を使ったこの3時間のワークショップで、この春、自分にとって大切なものは何かを探っていきます。参加メンバーとアイデアや考え方をシェアして、前進するための新しいヒントを得てアクションプランを立てていきます。

ワークショップでは、異なる視点から自分のことを伝えるという作業もあります。イメージや言葉を通して、フリップオーバーしたり、分けてみたり、くっつけてみたり、自分の考えの異なる部分で遊んでみるという、思わず夢中になってしまうプロセスです。自分の考えを新しい視点から見て、驚くようなヒントを発見する機会となるでしょう。

Points of You ®マスタートレーナー、ジェニファー・シンカイが4つのPoints of You®プロセスを通して、自分で選ぶテーマの簡単に実践できるアクションプランを作る作業をサポートしていきます。

このワークショップは英語で開催され、ファシリテーターが重要ポイントに日本語を交えて行います。

Points of You®とは

Points of YouⓇは、2006年にイスラエルのコーチによってつくられた、創造力や発想力に刺激を与えるクリエイティブな能力開発ツール。現在147カ国で展開されており、IKEAやGoogle、シルク・ド・ソレイユ、インテル、カルヴァン・クラインなど多くの企業で採用されています。コーチングをはじめ、企業のチームビルディングや新規事業開発、リーダーシップ育成など、様々な場面で活用されています。

jenniferファシリテーターについて
新開ジェニファー、Points of You®マスタートレーナー

Points of You®ツールを使用して個人やグループ向けワークショップでコーチングを行う。ジェニファーのクライアントは多種多様なチームで世界をまたいで業務するプロたちに及ぶ。複雑で入り組んだアイデアでもスムースに伝えられ、伝える側、またチームにもインサイトを得る手法となるPoints of You®を用いている。「生き甲斐」を見つけ、強さを通して導くことでクオリティ・オブ・ライフの向上に情熱を傾けている。
サンアンドムーンがオープンした頃、ジェニファーはヴィンヤサクラスと金曜のリストラティブヨガに通うことを毎週の楽しみにしていたが、引っ越しに伴いなかなか通うことができなくなってしまった。今回、このワークショップでサンアンドムーンのコミュニティに再会できることをとても楽しみにしている。

新開ジェニファーのウェブサイト

ジェニファーのPoints of You®ワークショップの様子は、こちらからご覧ください。

参加費
早割り: 3,500円(2019年2月15日までに参加費のお支払いを完了される方対象)
通常の参加費: 4,000円

持ち物: 筆記用具、ノート、オープンな気持ちとマインド!
服装: 床に座って作業するため、ゆったりとした服装でお越しください。

サンアンドムーンアカデミーとは
活動の目的
サンアンドムーンは誰もが安心して参加でき、5つの「I(アイ)」、Idea(発想)、Information(情報)、Inspiration(インスピレーション)、Innovation(改革)、Inquiry(問いかけ)をキーワードに互いが繋がる、そんなコミュニティ・スペースをみんなで作ります。生活を充実させ、励みになるプログラムを提供することを目指しています。活動の軸として、講義、ワークショップ、会談、パフォーマンスなど、自信をもって次に向かって動いていく力を与えてくれるイベントを開催します。スピリチュアリティ、ヨガ、サイエンス/テクノロジー、アート、またさまざまな発想など、それを見る視点から、取り組み方まで、人々を勇気づけるテーマを取り上げます。サンアンドムーンアカデミーのコミュニティは、学びを吸収し、大勢の方と分け合いながら成長し続けます。

Why
みんなで集まると素晴らしい力が生まれます。私たちの周りには、さまざまな文化をバックグラウンドにもつ、平凡な暮らしの中を非凡に生きる素晴らしいストーリーに溢れた、感動を与えてくれる人々が大勢います。サンアンドムーンアカデミーを創ったリザ・ロウィッツは「サンアンドムーンアカデミーは、個人、社会、家族がそれぞれにベストな形で、人々が持っている才能や技能を発展させていけるよう力を与えるためにあります。このプログラムとコミュニティ空間から、思いやり、奉仕と愛の心をもって、多様な分野、文化、バックグランドを学ぶための空間を提供し、好奇心や気付き、そして繋がりを育むことを目指しています。」と話しています。

<申し込み方法> *受付は終了いたしました。
このワークショップに参加ご希望の方は、メールにて、表題に参加ご希望のワークショップ名をご記入の上、氏名、住所、電話番号を明記のうえお申し込み下さい。お申し込みを確認し、スタジオよりご案内のメールを送信します。ご案内メールに特別な記載がない限り、スタジオから送信するご案内メールより2週間以内に受講費を精算していただくことをもって、ご予約完了となります。


ヨーガとアーユルヴェーダの融合 全存在にヒーリングとバランスをもたらす古代の智慧とプラクティス
YukoによるAyuryoga(アーユルヨーガ)Workshopシリーズ

<2月 真冬のアーユルヨーガ・ワークショップ For Balancing Kapha>

2019年2月23日(土) 5:00pm-7:00pm

dhanwantari-ayurveda2月のスペシャル企画!日本では数少ない正式なAyuryoga(アーユルヨーガ)指導者養成コースを修了したYukoによるアーユルヨーガ2時間ワークショプです。2月のテーマは冬の季節に増え続けるKaphaの調整です。変化を嫌うカファの質が増えすぎると、重く、動きが鈍い心や体の状態と結びつきやすくなり、冬の運動不足もカファを増やします。アーユルヨーガの呼吸法やアーサナでカファを解き、春に向けてドーシャのバランスをより安定させましょう。

私たちはお互いに、ふるまい方や感情表現、触発される動機や興味の対象、感じる力、不調になる原因、ストレスや恐怖、不安や失敗から身を守る方法が異なります。アーユルヴェーダの癒しの科学は個人の質(プラクリティ)の正しい認識が基盤となっています。
もし、それぞれの個人が自分の質に気づいていれば自分に合った食事法やライフスタイルを理解しやすくなります。
ある人にとってよい食べ物も別の人にとっては毒になることもあります。そのため、人生を健康で幸せな状態へと調和させるためには、個人の質をよく知ることが大切です。
気質や体質は定義づけるには複雑な概念でもありますが、アーユルヴェーダは区別の目安となる特有の、そして、その永続的な特質を自然の原理から導きだし、それが個別にみられる特徴を理解するのに役立てる基本要素となっています。

気質にはVata(ヴァータ)、Pitta(ピッタ)、Kapha(カファ)があります。純粋なヴァータ、または純粋なピッタやカファという人はほどんどいません。たいていの場合、ふたつのカテゴリーが優勢です。なぜなら私たちの気質は胎児の時に両親の二つの体とマインドの状態から得たものだからです。

Ayuryoga(アーユルヨーガ)は人々の健康をサポートする為、アーユルヴェーダの著名な医師 Dr.ヴァサント・ラッドにより産み出されたヨーガとヴェーダ科学、そしてアーユルヴェーダとヨーガセラピーを融合させたハタヨーガ・セラピーです。
クラスはドーシャのバランスを整えるための瞑想や呼吸法、ムドラー、アーサナを通して、一人ひとりのその日の体調やコンディションや季節に合わせて数種類のポーズをゆっくりと丁寧に行います。

<真冬のワークショップ カファの乱れを安定させる>
気温が下がり、風が冷たく、曇りがちな季節はKapha(カファ)が優勢になる時期です。カファは流れる水のような性質ではなく、氷のようにくっつきあうエネルギーを持っています。その粘着性と油性により、この時期には風邪や咳、痰や気管支炎などの症状が出やすいのもカファの特徴です。
真冬のアーユルヨーガはKaphaの特性がでやすい、この時期にkaphaを解きほぐすヨーガセラピーによって、気力を充実させ、肉体的な重さと固執したマインドに働きかけます。

自然と宇宙の元素に基づいたシークエンス(ポーズ構成)はアーユルヨーガのプラーナヤーマから始まり、ナマスカーラへ、そして季節に合わせた3つの体質(ドーシャ)を整えるアーユルヨーガのアーサナへと進み、瞑想へと導かれます。アーユルヨーガのクラスの参加後は安定感と活力を得られるでしょう。

<アーユルヨーガWSの内容>
1.プラーナヤーマ(アーユルヨーガの9種類の呼吸法から季節に合わせて数種類)
2. 太陽礼拝(スーリヤナマスカーラ)または月の礼拝(チャンドラ・ナマスカーラ)
3. ドーシャを調和する太陽礼拝と月の礼拝のバリエーション
4. 季節のアーユルヨーガ・アーサナ
5. ドーシャ(体質)の乱れを調和するアーユルヨーガ・アーサナ
6. アグニ(消化力)のバランスを整えるアーユルヨーガ・アーサナ
7. マントラ瞑想

このAyuryoga(アーユルヨーガ)スペシャルWSでは、アーユルヴェーダに基づいたヨーガセラピー、呼吸法、プラーナヤーマ、瞑想を行います。アーユルヴェーダの様々な原理にフォーカスしたヨーガを体験できます。

このワークショップシリーズは2ヶ月に1度のペースで開催いたします。季節の変化に合わせて体調を整え、健やかに過ごすためのヒントを学びます。

yuko_sky<講師>
Yuko (後藤 裕子)
Rasayana Yoga主宰。
大手ヨガスタジオでインストラクター養成コースを担当しながら、ヨーガとアーユルヴェーダを日々研鑚中。幼少よりヨーガとダンスを習得。日本大学芸術学部洋舞コース卒。在学中より数多くの舞台に立ち、文化庁海外文化交流事業の海外公演などの経験を持つ。様々なボディワークを学び、現在はヨーガセラピストとして活動しながら、さらにヨーガの叡智とアーユルヴェーダをライフワークとして日常生活に取り入れる為に学び続けている。
アーユルヨーガ正式指導者資格取得。全米ヨガアライアンス E-RYT-500認定講師。
YACEPヨーガ継続研修プロバイダー ※Yukoによる全講座は全米ヨガアライアンス認定の継続研修時間に加算できます。

参加対象レベル:ヨガ練習歴半年以上が望ましい。妊娠中の方はお控えください。

参加費:4000円

リピーター割引!
アーユルヨガワークショップは2カ月に1回、季節とともに起こりやすいドーシャの乱れを整えるヒント満載で開催しています。四季の移り変わりを体感して、もっと健やかに楽しみたいと考えている方には嬉しい割引です!
リピーター割引:3500円(お申し込み時に必ずリピーターである旨をお知らせください!)

このワークショップは日本語で開催いたします。

<申し込み方法> *受付は終了いたしました。
このワークショップに参加ご希望の方は、メールにて、表題に参加ご希望のワークショップ名をご記入の上、氏名、住所、電話番号を明記のうえお申し込み下さい。お申し込みを確認し、スタジオよりご案内のメールを送信します。ご案内メールに特別な記載がない限り、スタジオから送信するご案内メールより2週間以内に受講費を精算していただくことをもって、ご予約完了となります。


balance_carlaアームバランスと立位のバランスポーズで冒険を
カーラ・ハーゼンバーグによるワークショップ

2019年2月3日(日) 2:30pm -5:00pm

次のレベルの練習に!

アームバランスと立位のバランスポーズをステップ・バイ・ステップで。基礎的な練習を行い、次のレベルに進む準備ができていれば、もっと高度なバリエーション(バインドを取り入れたポーズ、カラスのポーズ、コンパスのポーズ、ピンチャ・マユラアーサナ、ハーフムーン、バインドしたムーンライズ・ツイストなど)を加えていきます。
ワークショップでは、カーラ先生がポーズに必要なサポートとして、安全で適切なアジャストを指示します。ワークショップ形式で進めて行くため、通常のクラスでフローに乗せて身体を動かしているときには聞けないポーズの疑問を質問して、次のレベルに練習を進めるチャンスです!

クラスはプロップや壁を使いながら、身体の各部の使い方やアラインメントを学びます。

このワークショップは、どのレベルの方でもご参加いただけます。ヨガが初めての方、バランスポーズやバインドするポーズの基礎を理解したい方、またバランスポーズを次のレベルに進めたいと思っている方にもオススメです。
学ぶ意欲と、楽しもうという心をもって、一緒に汗をかいて笑いましょう。ヨガアーサナのアラインメントの理解を深め、ポーズへの新しいヒントを学びましょう。

headshotjapan
インストラクターについて: カーラ・ハーゼンバーグ先生

参加費: 5,000円

日本語通訳:ヒロミ・キティ・トンプソン

<申し込み方法> *受付は終了いたしました。
このワークショップに参加ご希望の方は、メールにて、表題に参加ご希望のワークショップ名をご記入の上、氏名、住所、電話番号を明記のうえお申し込み下さい。お申し込みを確認し、スタジオよりご案内のメールを送信します。ご案内メールに特別な記載がない限り、スタジオから送信するご案内メールより2週間以内に受講費を精算していただくことをもって、ご予約完了となります。



sma_logoサンアンドムーン・アカデミー

「いつまでもガイジン: ホームでも海外でも他者であること」
バイエ・マクニール氏による講演とQ&A セッション

2019年1月26日(土) 5:00pm-7:00pm

bayeバイエ・マクニールはこれまでの人生を通して「他者」の存在であり続けています。1970年代のパン・アフリカ主義/ブラックパワー・ムーブメントの勢いが強盛であったアメリカで、幼い頃からアクティビズムをたたき込まれて育ちました。しかし成人する頃には、アクティビズムの生活やアメリカで「他者化」することは打撃が強かったため、バイエは新しい環境を探し求めていました。皮肉にもその環境とは、日本で黒人として、日本的な「他者化」というブランドの下で悪戦苦闘するというものになりました。そんな中、バイエは自分とは切っても切れない若い頃のアクティビズムを受け入れ始めるようになりました。

この講演では、人種、感覚的な物事の見方、そして変化をもたらしたい、社会に前向きな影響をもたらしたいという願いをもって外国の地で自分自身を見出すためにどのように障害を克服したかをディスカッションします。「今世界が必要としている変化の一部になるために、誰もが可能性(と責任)を持っている。」これがバイエのかたい信条です。

著書『Hi! My Name is Loco and I am a Racist』と『Loco in Yokohama』や、ジャパンタイムスのコラム『Black Eye』を通してバイエ・マクニールは、恐れずに心から内省し、外に目を向ける前に自分自身が抱える問題をうまく処理することに取りかかれるよう人々に力を与えています。こうしていくことで、英会話の先生からブロガー、作家、ジャパンタイムスのコラムニスト、そして日本にポジティブな変化を生み、世界的に注目を集めた活動の先陣を切る活動家としての道へバイエは歩みだすことになりました。

日本語通訳:吉澤朋

参加費:2,000円

サンアンドムーンアカデミーとは
活動の目的
サンアンドムーンは誰もが安心して参加でき、5つの「I(アイ)」、Idea(発想)、Information(情報)、Inspiration(インスピレーション)、Innovation(改革)、Inquiry(問いかけ)をキーワードに互いが繋がる、そんなコミュニティ・スペースをみんなで作ります。生活を充実させ、励みになるプログラムを提供することを目指しています。活動の軸として、講義、ワークショップ、会談、パフォーマンスなど、自信をもって次に向かって動いていく力を与えてくれるイベントを開催します。スピリチュアリティ、ヨガ、サイエンス/テクノロジー、アート、またさまざまな発想など、それを見る視点から、取り組み方まで、人々を勇気づけるテーマを取り上げます。サンアンドムーンアカデミーのコミュニティは、学びを吸収し、大勢の方と分け合いながら成長し続けます。

Why
みんなで集まると素晴らしい力が生まれます。私たちの周りには、さまざまな文化をバックグラウンドにもつ、平凡な暮らしの中を非凡に生きる素晴らしいストーリーに溢れた、感動を与えてくれる人々が大勢います。サンアンドムーンアカデミーを創ったリザ・ロウィッツは「サンアンドムーンアカデミーは、個人、社会、家族がそれぞれにベストな形で、人々が持っている才能や技能を発展させていけるよう力を与えるためにあります。このプログラムとコミュニティ空間から、思いやり、奉仕と愛の心をもって、多様な分野、文化、バックグランドを学ぶための空間を提供し、好奇心や気付き、そして繋がりを育むことを目指しています。」と話しています。

<申し込み方法> 受付は終了いたしました。
このワークショップに参加ご希望の方は、メールにて、表題に参加ご希望のワークショップ名をご記入の上、氏名、住所、電話番号を明記のうえお申し込み下さい。お申し込みを確認し、スタジオよりご案内のメールを送信します。ご案内メールに特別な記載がない限り、スタジオから送信するご案内メールより2週間以内に受講費を精算していただくことをもって、ご予約完了となります。



年に一度のアバンダンス・フロー ワークショップ
豊かさを創造するフロー(流れ)に心を開いて
リザ・ロウイッツによる1日集中講座 エナジーフローとマニフェスティング(実現化)

2019年1月14日(月・祝) 9:00am-4:00pm
定員に達しました。キャンセル待ちのみ受付可能です。

abundance2新年の目標を立て、人生に新たな道を築きましょう!!!

たくさん持つことに罪悪感を感じていませんか? 与えることと受け取ることにどのように対応しているでしょうか? 今の自分の仕事が大好きですか? 何かが自分の夢を追うことを止めようとしていませんか?
お金、そして豊かであること。どちらも宇宙の全てのものと同じく、エネルギーが形となったものです。その流れにもスピリチュアルな法則があります。あなたのお金に対する態度はどのようなものでしょうか? それはどこから来たのでしょうか? あなたは自分自身に豊かさをもたらすことを許しているでしょうか?

このワークショップは、宇宙におけるすべての流れのチャンネルの開き、みなさんの隠れた能力を顕在化させるためのものです。お金と自分との関係、またその流れを理解して変えていきます。そして最終的には、みなさんがそれぞれのライフワークを見つけ、豊かさという自然な状態をもたらすお手伝いをします。

このワークショップでは以下のことを行います。
・誘導のための瞑想
・ジャーナリング
・実現のテクニック
・パートナーワーク
・流れを引き寄せるテクニック、など

自分のお金に関する考えを理解し変えていくためには、直感に耳を傾け、自分をそして宇宙を助けるような機会と可能性を自分のもとに引きつけていきましょう。

このワークショップに参加したライターのBonnie Lee La Madeleineからワークショップの感想をいただきました。
このワークショップに参加したことによって、いかに自分自身で自分の行った努力の
邪魔をしてきたのか、分かりました。ワークショップでの経験を通じて、ライティング・スキルを磨くことに集中するようになり、フリーのライターとしての仕事をしていくためのプラン作りを進めています。現在、ある本の出版について複数の出版社と交渉中で、その中の1社からは積極的な申し込みが受けています。

また、参加者の一人は以下のようなコメントを寄せています。
どう感謝してよいのか分からないほどの多くのことを今日ここで学ぶことができました。自分の人生の目標をこれほど明確に感じたことはこれまでありません。今日のワークショップを通して、自分がこれから前に向かって歩み出し、そしてすべてを実行するための信念と自分への信頼感を持つことが出来ました。

もしあなたが自分の可能性を拡げる方法を探し求めているならばこの特別ワークショップはあなたのためのものです。

このクラスは英語で行われますが、日本語の通訳が付きます。またジャーナリング、パートナーワークは日本語でも大丈夫です。

特別参加費 冬至までの特別割引価格 15,000円(2018年12月25日までに受講費お支払い完了の場合)
通常参加費 20,000円
過去にこのワークショップに参加された方がリテイクされる場合:10,000円

定員: 30名
日本語通訳: 高橋はるか

このワークショップはすぐに定員に達することが予想されます。夢を実現する一歩のために、今すぐお申し込みください!

<申し込み方法> *受付は終了いたしました。
このワークショップに参加ご希望の方は、メールにて、表題に参加ご希望のワークショップ名をご記入の上、氏名、住所、電話番号を明記のうえお申し込み下さい。お申し込みを確認し、スタジオよりご案内のメールを送信します。ご案内メールに特別な記載がない限り、スタジオから送信するご案内メールより2週間以内に受講費を精算していただくことをもって、ご予約完了となります。



キティ先生と学ぶサンアンドムーン マタニティ・ヨガ20時間指導者養成コース 第5期
2019年1月

marternity2_small2019年
1月4日(金) 4:30pm-9:30pm (5時間)
1月5日(土) 4:30pm-9:30pm (5時間)
1月6日(日) 4:30pm-9:30pm (5時間)
1月7日(月) 4:30pm-9:30pm (5時間)

講師:浩美・キティ・トンプソン

日本で現役マタニティヨガ講師として9年以上継続的にマタニティヨガを教え、現状を把握し、信頼する助産師と共に、日本の妊娠、出産、産後の状況と真摯に向き合っているHiromi Kitty Thompson先生の講師養成講座です!

<なぜマタニティ・ヨガの需要が高いのか?>
マタニティ・ヨガは妊婦さんの間でとても注目度が高く、多くのヨガスタジオ、産院、助産院、子育て支援センターなど、様々な場所でクラスが開かれています。クラスの中では身体を呼吸と共に動かしてゆったりと丁寧にポーズをとることで、出産に必要な筋肉群に柔軟性とスタミナをつけ、骨盤や背骨を正しい位置に調整、維持していきます。
大切なことは、ヨガを通して妊婦さんがお腹の赤ちゃんを感じ、寄り添い、「あるがまま」を受け入れ呼吸を通して、心身をつなげリラックスしていくことです。
現代社会の女性は多忙な生活を送っています。お腹の赤ちゃんとのつながりを感じたり、同じ妊娠期の女性とのコミュニケーションをとったりする機会が少ない様に思います。妊婦さんの精神的身体的サポートはもとより、妊婦さん同士の情報交換の場としても、マタニティ・ヨガのクラスは存在価値が高いのです。

kittymaternityphoto_2<講習コースの内容>
講習では以下の内容に即して講義を行ないます。
・ マタニティ・ヨガとは何か?
・ 妊娠期の心と身体の変化
・ マタニティ・ヨガの実践 / 呼吸法(プラナヤマ)
・ マタニティ・ヨガの実践 / ポーズ (アーサナ)
・ マタニティ・ヨガの実践 / パートナーヨガ、チェアヨガ、リストラティブヨガ
・ マタニティ・ヨガ / 妊娠期の症状別アプローチ
・ マタニティ・ヨガを陣痛・出産に役立てる方法
・ マタニティ・ヨガの授業の構成方法・適切な言葉がけ
・ 日本のマタニティ・ヨガで求められていること

自由が丘のカリスマ助産師による日本の出産とマタニティヨガの現状の講義も90分あります!

<講習方法>
今回の講習は講義と実際の練習、及びに指導に関するデモンストレーションを通して行ないます。指導のデモンストレーションでは、交互に先生と生徒役にわかれて、各ポーズ、練習の指導のシミュレーションを行ないます。また質問の時間やディスカッションの時間も設けます。

このコースは男女問わず、また出産のご経験を問わず、命を育む人とともに歩みたいと考えていらっしゃるヨガインストラクターの皆様にお薦めいたします。
ご不明な点、お申し込み前に聞いておきたいことなどございましたら、遠慮なくご連絡ください!

<受講費>
通常受講費:80,000円
2018年11月30日までにお申し込み手続き完了する方への早割り(受講費のお支払い含む):70000円
定員:15名

このコースは日本語で開催いたします。

受講者は全過程を修了して頂く必要があります。
本コースの全課程を修了した方には、日本語のトレーニングマニュアルと、修了証を贈呈します。

<講習に際して必要なもの>
講習に必要な用具(ヨガマット、ボルスター、毛布、重し、アイピローなど)のすべてはスタジオに揃っております。参加者の方は筆記用具、ノート、飲み水、着替え、しっかりとした長い生地(手ぬぐいなど)2枚をお持ち頂くだけで結構です。
なお、講習中のテープレコーダー、録音機のご使用はお控え下さい。受講者にはマニュアルを配付いたします。

コース対象者および注意事項:
・このコース取得前に、1年以上の継続的ヨガの練習をしている方が望ましいです。ただし、この練習をご家族や個人的に他の方と行いたい方も受講できます。こちらへメッセージを送ってご相談ください。
・医療従事者で、現場でマタニティヨガを取り入れようとしている方
・既にマタニティヨガを教えているが、スキルアップしたい方
・既に他のマタニティヨガ講師養成講座を受けたが自信をつけたい方
受講者は全過程を修了して頂く必要があります。

hiromi_2<講師の略歴>
ヒロミ・キティ・トンプソン
は、10年以上に渡りヨガの指導・練習を行なっており、ここ5年はボディワーク通訳者としても、著名な講師の指導者講師養成講座通訳、ワークショップの通訳としても活躍中である。大手通信教育のマタニティ・ヨガのテキスト執筆、DVDにも出演。現在もヨガの一生徒として日々アーサナを実践し、ボディワーク関連の書籍を愛読書として知識を深めている。
前職の外資系キャビンアテンダントの頃から様々な国でのヨガクラスやワークショップに参加し、素晴らしい指導者達のもとで練習する機会に恵まれる。マタニティ・ヨガは信頼する助産師のアドバイスを取り入れながら、7年間継続的に教えている。東京を基盤にマタニティ・ヨガと日本の出産状況を把握し、妊婦さんのマタニティライフに寄り添う事を心がけている。自身も5回の妊娠、3回の出産、2人の子育てを経験しながら、命を育む事の素晴らしさをヨガのエッセンスと共にシェア出来る事に喜びを感じている。

キティ先生の生徒さんのコメント
キティ先生の生徒さんよりいただいたコメントをご紹介いたします。

myttc2017深く沁みわたるような学びの中で、「寄り添うこと」は心にも身体にも大きな刺激をいただきました。
4日間を通してキティ先生は私たちに寄り添ってくださり、その空気が講座そのものでした。妊娠・出産経験のない私にとって、今まで無意識に距離を置いていたマタニティヨガが、こんなにもあたたかく感動的なものだったのかと目が覚める思いでした。
私がマタニティヨガを伝えるなんて、説得力がないのではと腰が引けていましたが、経験豊富な先生の下で助産師さんや先輩のリアルなお話を聞くこともでき、出産を経験していなくても伝えられること、お手伝いできるがある、と光を灯していただきました。
今回講座に参加できて、マタニティヨガに限らず、クラスをする上で大切なことを改めて教えていただきました。講座を終えてからのクラスへの向き合い方にも変化があったような気がします。キティ先生から学べたこと、素晴らしい仲間と学べたこと、喜びと感謝でいっぱいです。
(M.Oさん、第4期修了生)

運動が大切ならヨガでなくてもいいはずなのに、なぜここまで妊婦になってヨガを始める人が多いのか? そして、妊娠前からヨガを続けてきた自分にとって、マタニティクラスはまだまだ動きたい人にとっては物足りないものだという(勝手な)先入観。 4日間でどちらもクリアにすることができました。アーサナ自体の効果はもちろん、「精神的に自分の内側に向き合えること」、「呼吸を大切にすること」が、出産にも役立ち、産前〜産後の心身の変化をバランスしてくれることがよく分かりました。そして、自分の身体の声をよく観察すれば、妊娠期でもしっかり動くことは可能だということも、自分の中にとって嬉しい学びでした。「身体的運動」以外の側面でも得られるものが多いからこそこれだけマタニティヨガが支持されていたんですね。助産師さんのお話は本当に目から鱗の連続でした! ここまでリアルに飾らずに(笑)出産の流れを教えてもらう機会は今まで無かったので、メモをとる手が止まりませんでした。漠然と理解していたつもりだったことを詳細に知れたので、本番を安心して迎えられそうです。骨盤ケアの本も今読み進めています!
(N.M.さん 第3期修了生)

男性の僕にとって、マタニティヨガは縁遠いものだと思っていました。しかし、生徒さんの妊娠や自身の結婚がきっかけで、キティ先生のマタニティヨガTTを受けてみたのですが、本当に素晴らしい経験になりました。
キティ先生の長年の指導経験による豊富な知識を、とても分かりやすく説明していただきました。自分自身が妊婦になりきる事から、多くの気づきもありました。受講生一人一人がキティ先生の母性に包まれているようで、とても良い雰囲気の中で学べた事も良かったです。
妊娠、出産というのは、男性には経験の出来ない神秘的なもの。だからこそ、男性がその宇宙の神秘を学び、女性の身体や心について理解を深める事は、ヨガの指導だけでなく、人として成長する上でとても役に立ちました。
(M.Yさん、第2期修了生)

男性ですがこのコースに参加しました。受講中は息子が3ヶ月だったと思います。妊娠、出産を妻と共に経験してそれからあっと言う間に時間が経って行く子育てのなかでこれは是非現在妊娠中の妊婦さんに伝えたい!とかこう言う事は知っておきたかったのに!とか、沢山の事が出て来ました。マタニティヨガを指導できるようになりたい思ったのは妊婦さんにアンテナを建てて貰う事の必要性を伝えたかったから。病院やお医者さんからは教えて貰えない事って沢山あります。むしろこう言う事を教えて欲しいのにと思う様な事だらけです。僕は現在マタニティヨガのクラスを開催していますが、それ以外でも周りの友達の妊婦さんや産後のお母さん達、自分の家族に少しでも役立つ知識のシェアが出来る事、本当に良かったと思います。男性だけど女性から産まれて来たし息子も女性から産まれて来た訳で、マタニティに関して勉強する事って結構大事な事なんじゃないかなぁ。世の中の男性のスイッチがこう言う事でオンになる事が次世代に向かっての大切な一歩なんだと思います。(D.K.さん 第1期修了生)

妊娠期の妊婦さんの心や身体の不安定さや、繊細さを改めて気づかされ、身近にいる妊婦さんにもっと目を向け、寛容になる必要があると思いました。 また、キティ先生自身がマタニティヨガのレッスンを通して妊婦さんの皆さんから良いエネルギーをもらっているという言葉が印象的でした。(A.K.さん 第1期修了生)

ひとりひとりの生徒を大切に見守るキティ先生から、マタニティヨガを実践する生徒だけでなく、その先にある新しい命をも見守る心と身体のケアを指導する方法を学びましょう。

<申し込み方法> *受付は終了いたしました。
このコースに参加ご希望の方は、メールにて、表題にコース名をご記入の上(必ずコースの年月を記載してください)、氏名、住所、電話番号、また以下の質問に率直かつ手短にお答えいただきお申し込みください。
1. あなたのヨガの練習について詳述してください。(年数、スタイル、どこで)
2. あなたのヨガ指導経験について詳述してください。(年数、スタイル、どこで、修了したコース、スクール名と年度)
3. マタニティヨガの経験又はマタニティヨガの指導経験の有無、および本コースの受講志望理由を説明してください。
4. 本コースの受講目的(意図)を具体的にお書きください。
5. 受講に際して、事前に申告しておくべきケガや疾患などがあればお書きください。(妊娠中の方は妊娠週数お知らせください。)

お申し込みを確認し、スタジオよりご案内のメールを送信します。ご案内メールに特別な記載がない限り、スタジオから送信するご案内メールより2週間以内に受講費を精算していただくことをもって、ご予約完了となります。


特に記載がない限り、通常全てのワークショップは、英語で行われ、日本語の通訳がつきます。


過去のワークショップ
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年(英語)
2005年以前(英語)