これから開催されるワークショップ(開催順)

サンアンドムーンでは参加費の事前のお支払いをお願いしております。お申し込み受付メールに記載されている期日までに(通常は受付から2週間以内)参加費のご精算をお願いいたします。ご連絡なく遅れる場合は、ご予約がキャンセルになる場合がございますのでご注意ください。

2018年7月 キティ先生と学ぶサンアンドムーン マタニティ・ヨガ20時間指導者養成コース

2018年8月11日 YukoによるAyuryoga WS
ヨーガとアーユルヴェーダの融合 全存在にヒーリングとバランスをもたらす古代の智慧とプラクティス
8月 夏のアーユルヨーガ・ワークショップ For Pitta

ご希望が多かったため再度開催します!
2018年8月12日 6つの行いでハッピーに:瞑想とポーズの練習: リザ・ロウィッツによるワークショップ

2018年8月19日 リザ・ロウィッツによるヨガニードラワークショップ(指導は英語で、少しの日本語を交えて開催いたします)

待望の新コース! リザ・ロウイッツと学ぶアドバンスド・リストラティブヨガ指導者養成コース



キティ先生と学ぶサンアンドムーン マタニティ・ヨガ20時間指導者養成コース 第4期
2018年7月

marternity2_small2018年
7月19日(木) 4:30pm-9:30pm (5時間)
7月20日(金) 4:30pm-9:30pm (5時間)
7月21日(土) 4:30pm-9:30pm (5時間)
7月22日(日) 4:30pm-9:30pm (5時間)

講師:ヒロミ・キティ・トンプソン

日本で現役マタニティヨガ講師として7年以上継続的にマタニティヨガを教え、現状を把握し、信頼する助産師と共に、日本の妊娠、出産、産後の状況と真摯に向き合っているHiromi Kitty Thompson先生の講師養成講座です!

<なぜマタニティ・ヨガの需要が高いのか?>
マタニティ・ヨガは妊婦さんの間でとても注目度が高く、多くのヨガスタジオ、産院、助産院、子育て支援センターなど、様々な場所でクラスが開かれています。クラスの中では身体を呼吸と共に動かしてゆったりと丁寧にポーズをとることで、出産に必要な筋肉群に柔軟性とスタミナをつけ、骨盤や背骨を正しい位置に調整、維持していきます。
大切なことは、ヨガを通して妊婦さんがお腹の赤ちゃんを感じ、寄り添い、「あるがまま」を受け入れ呼吸を通して、心身をつなげリラックスしていくことです。
現代社会の女性は多忙な生活を送っています。お腹の赤ちゃんとのつながりを感じたり、同じ妊娠期の女性とのコミュニケーションをとったりする機会が少ない様に思います。妊婦さんの精神的身体的サポートはもとより、妊婦さん同士の情報交換の場としても、マタニティ・ヨガのクラスは存在価値が高いのです。

kittymaternityphoto_2<講習コースの内容>
講習では以下の内容に即して講義を行ないます。
・ マタニティ・ヨガとは何か?
・ 妊娠期の心と身体の変化
・ マタニティ・ヨガの実践 / 呼吸法(プラナヤマ)
・ マタニティ・ヨガの実践 / ポーズ (アーサナ)
・ マタニティ・ヨガの実践 / パートナーヨガ、チェアヨガ、リストラティブヨガ
・ マタニティ・ヨガ / 妊娠期の症状別アプローチ
・ マタニティ・ヨガを陣痛・出産に役立てる方法
・ マタニティ・ヨガの授業の構成方法・適切な言葉がけ
・ 日本のマタニティ・ヨガで求められていること

自由が丘のカリスマ助産師による日本の出産とマタニティヨガの現状の講義も90分あります!

<講習方法>
今回の講習は講義と実際の練習、及びに指導に関するデモンストレーションを通して行ないます。指導のデモンストレーションでは、交互に先生と生徒役にわかれて、各ポーズ、練習の指導のシミュレーションを行ないます。また質問の時間やディスカッションの時間も設けます。

このコースは男女問わず、また出産のご経験を問わず、命を育む人とともに歩みたいと考えていらっしゃるヨガインストラクターの皆様にお薦めいたします。
ご不明な点、お申し込み前に聞いておきたいことなどございましたら、遠慮なくご連絡ください!

<受講費>
通常受講費:80,000円
2018年6月18日までにお申し込み手続き完了する方への早割り(受講費のお支払い含む):70000円
定員:15名

このコースは日本語で開催いたします。

受講者は全過程を修了して頂く必要があります。
本コースの全課程を修了した方には、日本語のトレーニングマニュアルと、修了証を贈呈します。

<講習に際して必要なもの>
今回の講習に必要な用具(ヨガマット、ボルスター、毛布、重し、アイピローなど)のすべてはスタジオに揃っておりますので、参加者の方は筆記用具、ノート、飲み水、着替え等をお持ち頂くだけで結構です。なお、講習中のテープレコーダー、録音機のご使用はお控え下さい。受講者にはマニュアルを配付いたします。

コース対象者および注意事項:
・このコース取得前に、1年以上の継続的ヨガの練習をしている方が望ましいです。ただし、この練習をご家族や個人的に他の方と行いたい方も受講できます。こちらへメッセージを送ってご相談ください。
・医療従事者で、現場でマタニティヨガを取り入れようとしている方
・既にマタニティヨガを教えているが、スキルアップしたい方
・既に他のマタニティヨガ講師養成講座を受けたが自信をつけたい方
受講者は全過程を修了して頂く必要があります。

hiromi_2<講師の略歴>
ヒロミ・キティ・トンプソン
は、10年以上に渡りヨガの指導・練習を行なっており、ここ5年はボディワーク通訳者としても、著名な講師の指導者講師養成講座通訳、ワークショップの通訳としても活躍中である。大手通信教育のマタニティ・ヨガのテキスト執筆、DVDにも出演。現在もヨガの一生徒として日々アーサナを実践し、ボディワーク関連の書籍を愛読書として知識を深めている。
前職の外資系キャビンアテンダントの頃から様々な国でのヨガクラスやワークショップに参加し、素晴らしい指導者達のもとで練習する機会に恵まれる。マタニティ・ヨガは信頼する助産師のアドバイスを取り入れながら、7年間継続的に教えている。東京を基盤にマタニティ・ヨガと日本の出産状況を把握し、妊婦さんのマタニティライフに寄り添う事を心がけている。自身も5回の妊娠、3回の出産、2人の子育てを経験しながら、命を育む事の素晴らしさをヨガのエッセンスと共にシェア出来る事に喜びを感じている。

キティ先生の生徒さんのコメント
キティ先生の生徒さんよりいただいたコメントをご紹介いたします。

myttc2017キティ先生に教わったことで一番心に残ったのは「寄り添うことの大切さ」です。正しい知識を持って、寄り添っていくこと…キティ先生の溢れる母性愛に包まれ、身を持って感じることができました。また、妊婦さんも多く参加されていて、「新しい命」を肌で感じることも出来ました。毎回参加する度に、心も体も温まっていくのを実感しました。
妊娠・出産ということに対し未経験であるが故に思っていた「恐怖」が、もっと知りたい!出来れば経験したい!という「好奇心」に変わりました。それに気づかせてくれたのは「魂のワーク」です。まずは自分自身が本当は何を思っているのか…ということをまずは「認める」ことで一歩前進したような気がします。
(M.Sさん、第3期修了生)

運動が大切ならヨガでなくてもいいはずなのに、なぜここまで妊婦になってヨガを始める人が多いのか? そして、妊娠前からヨガを続けてきた自分にとって、マタニティクラスはまだまだ動きたい人にとっては物足りないものだという(勝手な)先入観。 4日間でどちらもクリアにすることができました。アーサナ自体の効果はもちろん、「精神的に自分の内側に向き合えること」、「呼吸を大切にすること」が、出産にも役立ち、産前〜産後の心身の変化をバランスしてくれることがよく分かりました。そして、自分の身体の声をよく観察すれば、妊娠期でもしっかり動くことは可能だということも、自分の中にとって嬉しい学びでした。「身体的運動」以外の側面でも得られるものが多いからこそこれだけマタニティヨガが支持されていたんですね。助産師さんのお話は本当に目から鱗の連続でした! ここまでリアルに飾らずに(笑)出産の流れを教えてもらう機会は今まで無かったので、メモをとる手が止まりませんでした。漠然と理解していたつもりだったことを詳細に知れたので、本番を安心して迎えられそうです。骨盤ケアの本も今読み進めています!
(N.M.さん 第3期修了生)

男性の僕にとって、マタニティヨガは縁遠いものだと思っていました。しかし、生徒さんの妊娠や自身の結婚がきっかけで、キティ先生のマタニティヨガTTを受けてみたのですが、本当に素晴らしい経験になりました。
キティ先生の長年の指導経験による豊富な知識を、とても分かりやすく説明していただきました。自分自身が妊婦になりきる事から、多くの気づきもありました。受講生一人一人がキティ先生の母性に包まれているようで、とても良い雰囲気の中で学べた事も良かったです。
妊娠、出産というのは、男性には経験の出来ない神秘的なもの。だからこそ、男性がその宇宙の神秘を学び、女性の身体や心について理解を深める事は、ヨガの指導だけでなく、人として成長する上でとても役に立ちました。
(M.Yさん、第2期修了生)

男性ですがこのコースに参加しました。受講中は息子が3ヶ月だったと思います。妊娠、出産を妻と共に経験してそれからあっと言う間に時間が経って行く子育てのなかでこれは是非現在妊娠中の妊婦さんに伝えたい!とかこう言う事は知っておきたかったのに!とか、沢山の事が出て来ました。マタニティヨガを指導できるようになりたい思ったのは妊婦さんにアンテナを建てて貰う事の必要性を伝えたかったから。病院やお医者さんからは教えて貰えない事って沢山あります。むしろこう言う事を教えて欲しいのにと思う様な事だらけです。僕は現在マタニティヨガのクラスを開催していますが、それ以外でも周りの友達の妊婦さんや産後のお母さん達、自分の家族に少しでも役立つ知識のシェアが出来る事、本当に良かったと思います。男性だけど女性から産まれて来たし息子も女性から産まれて来た訳で、マタニティに関して勉強する事って結構大事な事なんじゃないかなぁ。世の中の男性のスイッチがこう言う事でオンになる事が次世代に向かっての大切な一歩なんだと思います。(D.K.さん 第1期修了生)

妊娠期の妊婦さんの心や身体の不安定さや、繊細さを改めて気づかされ、身近にいる妊婦さんにもっと目を向け、寛容になる必要があると思いました。 また、キティ先生自身がマタニティヨガのレッスンを通して妊婦さんの皆さんから良いエネルギーをもらっているという言葉が印象的でした。(A.K.さん 第1期修了生)

ひとりひとりの生徒を大切に見守るキティ先生から、マタニティヨガを実践する生徒だけでなく、その先にある新しい命をも見守る心と身体のケアを指導する方法を学びましょう。

<申し込み方法>
このコースに参加ご希望の方は、メールにて、表題にコース名をご記入の上(必ずコースの年月を記載してください)、氏名、住所、電話番号、また以下の質問に率直かつ手短にお答えいただきお申し込みください。
1. あなたのヨガの練習について詳述してください。(年数、スタイル、どこで)
2. あなたのヨガ指導経験について詳述してください。(年数、スタイル、どこで、修了したコース、スクール名と年度)
3. マタニティヨガの経験又はマタニティヨガの指導経験の有無、および本コースの受講志望理由を説明してください。
4. 本コースの受講目的(意図)を具体的にお書きください。
5. 受講に際して、事前に申告しておくべきケガや疾患などがあればお書きください。(妊娠中の方は妊娠週数お知らせください。)

お申し込みを確認し、スタジオよりご案内のメールを送信します。ご案内メールに特別な記載がない限り、スタジオから送信するご案内メールより2週間以内に受講費を精算していただくことをもって、ご予約完了となります。


ワークショップお申し込みの際、確認メールが1週間以内に届かない場合は、お申し込みが届いていないか、確認メールを受け取っていない可能性があります。確認が1週間以内に届かないときは、恐れ入りますが再度お申し込みをお願いいたします。特に、Gmail、ヤフーメール、Hotmailをご使用の方は、迷惑メールもご確認ください。 ナマステ


ヨーガとアーユルヴェーダの融合 全存在にヒーリングとバランスをもたらす古代の智慧とプラクティス
YukoによるAyuryoga(アーユルヨーガ)WSシリーズ

<8月 夏のアーユルヨーガ・ワークショップ For Balancing Pitta>
日本では数少ない正式なAyuryoga(アーユルヨーガ)指導者養成コースを修了したYukoによるアーユルヨーガ2時間ワークショプです。8月のテーマは真夏におこりやすいドーシャのアンバランスによる心と身体の不調を改善し、バランスを生み出すアーユルヨーガです。夏の気温の上昇による内部環境や外部環境の変化への理解とPitta(ピッタ)を安定させるための気づきを促します。

2018年8月11日(土) 4:30pm-6:30pm

ayuryogaなぜ、人によってこんなにも、体のサイズや形、肌の色、エネルギーの強さや健康状態が違うのでしょうか? 
なぜ私たちはみな、さまざまな知性や考え方、行動やふるまい、反応、環境への適応性を示すのでしょうか?
これらの疑問への答えは、私たちのプラクリティ(気質)、私たちのユニークな体質、すなわち私たちの性質にあります。
アーユルヴェーダは、すべてのものは5つの要素「地」「水」「火」「風」「空」で構成されその相互作用の認識が基盤となっています。この五元素の組み合わせにより、ヴァータ、ピッタ、カファという3つの体質(ドーシャ)が季節、生活環境や生活習慣により乱れる事から心と身体の不調和が生じると考えられています。
人はみな、生まれつきの強さと弱さがあります。もし私たちが自分の強さと弱さを知り、自分の気質や不調の原因を理解できたなら、生をより幸せで健康的なものにすることができます。

Ayuryoga(アーユルヨーガ)は人々の健康をサポートする為、アーユルヴェーダの著名な医師Dr. ヴァサント・ラッド氏により産み出されたヨーガとヴェーダ科学、そしてアーユルヴェーダトヨーガセラピーを融合させたハタヨーガセラピーです。
クラスはドーシャのバランスを整えるための瞑想や呼吸法、ムドラー、アーサナを通して、一人ひとりのその日の体調やコンディションや季節に合わせて数種類のポーズをゆっくりと丁寧に行います。

真夏のアーユルヨーガは夏におこりやすいPitta(ピッタ)の乱れや冷房や冷たいものの取りすぎなどで弱った消化力を安定させ、暑い夏を乗り切るための特別クラスです。
自然と宇宙の元素に基づいたシークエンス(ポーズ構成)はアーユルヨーガのプラーナヤーマから始まり、チャンドラ・マスカーラへ、そして季節に合わせた3つの体質(ドーシャ)を整えるアーユルヨーガのポーズへ進み、瞑想へと導かれます。アーユルヨーガのクラスの参加後は安定感と活力を得られるでしょう。

<アーユルヨーガWSの内容>
1.プラーナヤーマ(アーユルヨーガの9種類の呼吸法から季節に合わせて数種類)
2. 太陽礼拝(スーリヤナマスカーラ)または月の礼拝(チャンドラ・ナマスカーラ)
3. ドーシャを調和する太陽礼拝と月の礼拝のバリエーション
4. 季節のアーユルヨーガ・アーサナ
5. ドーシャ(体質)の乱れを調和するアーユルヨーガ・アーサナ
6. アグニ(消化力)のバランスを整えるアーユルヨーガ・アーサナ
7. マントラ瞑想

このAyuryoga(アーユルヨーガ)スペシャルWSでは、アーユルヴェーダに基づいたヨーガセラピー、呼吸法、プラーナヤーマ、瞑想を行います。アーユルヴェーダの様々な原理にフォーカスしたヨーガを体験できます。

このワークショップシリーズは2ヶ月に1度のペースで開催いたします。季節の変化に合わせて体調を整え、健やかに過ごすためのヒントを学びます。

yuko_sky<講師>
Yuko (後藤 裕子) 
Rasayana Yoga主宰。
大手ヨガスタジオでインストラクター養成コースを担当しながら、ヨーガとアーユルヴェーダを日々研鑚中。幼少よりヨーガとダンスを習得。日本大学芸術学部洋舞コース卒。在学中より数多くの舞台に立ち、文化庁海外文化交流事業の海外公演などの経験を持つ。様々なボディワークを学び、現在はヨーガセラピストとして活動しながら、さらにヨーガの叡智とアーユルヴェーダをライフワークとして日常生活に取り入れる為に学び続けている。

アーユルヨーガ正式指導者資格取得。全米ヨガアライアンスRYT-500認定講師。
YACEPヨーガ継続研修プロバイダー※Yukoによる全講座は全米ヨガアライアンス認定の継続研修時間に加算できます。

参加対象レベル:ヨガ練習歴半年以上が望ましい。

参加費:4000円
このワークショップは日本語で開催いたします。

<申し込み方法>
このワークショップに参加ご希望の方は、メールにて、表題に参加ご希望のワークショップ名をご記入の上、氏名、住所、電話番号を明記のうえお申し込み下さい。お申し込みを確認し、スタジオよりご案内のメールを送信します。ご案内メールに特別な記載がない限り、スタジオから送信するご案内メールより2週間以内に受講費を精算していただくことをもって、ご予約完了となります。

<予告>
次回の予定は10月27日(土)4:30pm-6:30pm
「秋のアーユルヨーガFor Balancing Vata」です。Vataは変化に柔軟でありつつ、また変化に翻弄されやすい性質を持ち合わせています。日本の四季の移り変わりとともに、毎回シーズンごとに変化するドーシャに合わせた内容です。次回もどうぞお楽しみに。


ワークショップお申し込みの際、確認メールが1週間以内に届かない場合は、お申し込みが届いていないか、確認メールを受け取っていない可能性があります。確認が1週間以内に届かないときは、恐れ入りますが再度お申し込みをお願いいたします。特に、Gmail、ヤフーメール、Hotmailをご使用の方は、迷惑メールもご確認ください。 ナマステ


希望者が多かったため、再度開催いたします!
6つの行いでハッピーに:瞑想とポーズの練習: リザ・ロウィッツによるワークショップ

2018年8月12日(日) 5:00pm-7:00pm

Image (c) http://yanaskydancer.blogspot.jp

人の人生や生活の「不完全」でごつごつと荒いままの石を、どのようにして形を整えていけばよいでしょうか。石を磨いて愛情と思いやりにあふれるダイヤモンドにしていくにはどうしたらよいでしょうか。日常的に実践する6つの行いがこの方法を教えてくれます。このヨガシリーズは、法華経にある「6つの行い」(寛大さ、優しさ、忍耐、精進、沈黙、智慧)を育むために1000年も前に作られたヨガのポーズのシーケンスにチベット仏教の思いやりを育む瞑想(トンレン瞑想)が織り込まれて作られています。この素晴らしい練習により、自分に対して、また家族や友達、そして敵対する人や知らない人、さらにはこれからの世代の人たちに対して思いやりの心を育みます。このように、自己の内側から(考え方や毎日の行動)、また外側から(アーサナや呼吸法)働きかけ、気付きを促し、自己変容へと導きます。
心を開く癒しのヨガプラクティスと瞑想にぜひご参加ください。練習が完全なる行いを導きます!

初心者から中級者向け。全レベルOK、初めての方もどうぞご参加ください。ヨガマットはスタジオにあります。飲み水と、小さいタオルをお持ちください。

Image (c) http://yanaskydancer.blogspot.jp

講師プロフィール:
リザ・ロウィッツ

参加費:3,500円

日本語通訳:高橋はるか

<申し込み方法>
このワークショップに参加ご希望の方は、メールにて、表題に参加ご希望のワークショップ名をご記入の上、氏名、住所、電話番号を明記のうえお申し込み下さい。お申し込みを確認し、スタジオよりご案内のメールを送信します。ご案内メールに特別な記載がない限り、スタジオから送信するご案内メールより2週間以内に受講費を精算していただくことをもって、ご予約完了となります。


ワークショップお申し込みの際、確認メールが1週間以内に届かない場合は、お申し込みが届いていないか、確認メールを受け取っていない可能性があります。確認が1週間以内に届かないときは、恐れ入りますが再度お申し込みをお願いいたします。特に、Gmail、ヤフーメール、Hotmailをご使用の方は、迷惑メールもご確認ください。 ナマステ


yoganidra落ち着きのある涼しさを呼び込みましょう ヨガニードラによるリラクゼーション with リザ・ロウィッツ

2018年8月19日(日) 5:00pm-7:00pm
このワークショップは英語での指導ですが、少し日本語を交えて行います。

リザ先生の大人気のヨガニードラワークショップ。真夏の夕方、暑くとも、心は落ち着きを保ちましょう。

ヨガ・ニードラとはマインドが覚醒と睡眠の間にある状態で、身体と心を深い休息へ、また完全なリラクゼーションへと導きます。シャヴァーサナ(屍のポーズ)で、瞑想の導きに乗って意識を身体の各部へと移動させていきサトルエネルギー(微細なエネルギー)の経路を活性化させ、肉体、心、マインドの緊張や疲労を和らげていきます。

レベル:初心者から中級者。ヨガニードラの経験は必要ありません。

参加費:3500円
定員:18名

詳細とお申し込み(英語ページ)


ワークショップお申し込みの際、確認メールが1週間以内に届かない場合は、お申し込みが届いていないか、確認メールを受け取っていない可能性があります。確認が1週間以内に届かないときは、恐れ入りますが再度お申し込みをお願いいたします。特に、Gmail、ヤフーメール、Hotmailをご使用の方は、迷惑メールもご確認ください。 ナマステ



待望の新コース!
リザ・ロウィッツと学ぶアドバンスド・リストラティブヨガ指導者養成コース
2018年10月5-8日

restorative_yogafest2018_2現代社会はストレス度が非常に高まっています。これまでに増して、自己の中に穏やかな静けさとすべてを受容するスペースを持つことが大切です。
リストラティブヨガは、落ち着いて安定した「軸」を作っていくための練習として最適です。自己に戻り、心身ともに充電して生きる力を再生させる静かな練習を必要としている人たちに指導者として伝えていける理想的な練習方法です。

これまでたくさんのご要望をいただいていたサンアンドムーン・リストラティブヨガ指導者養成のアドバンスコースを、このたび初めて開催することになりました。

【スケジュール】
10月5日(金) 5:00pm-9:30pm (4.5 hrs)
10月6日(土) 5:00pm-9:30pm (4.5 hrs)
10月7日(日) 3:00pm-7:30pm (4.5 hrs)
10月8日(月) 9:00am-4:30pm (6.5 hrs、1時間休憩)

今年、サンアンドムーンは、新しいコース、リザ・ロウィッツと学ぶアドバンスド・リストラティブヨガ指導者養成コースを開催いたします。

リストラティブヨガを指導するにあたり、スキルと知識を深め、自信をもって指導していくための集中コース、20時間のアドバンスド・リストラティブヨガ指導者養成コースにぜひご参加ください。パワフルで素晴らしいリストラティブヨガの指導方法を学びましょう。

サンアンドムーンのアドバンスド・リストラティブヨガ指導者養成コースは、ベーシックなリストラティブヨガ指導者養成コースの内容からレベルアップして、新しい総合的なコースコンテンツを学びます。ヨガや瞑想の練習、指導スキルを深め、スピリチュアルな成長を促します。

このコースは新しいリストラティブヨガのポーズ、さまざまな瞑想の練習方法、指導を次のレベルに高めるための指導スキルなどのコースコンテンツを丁寧に選び抜いて構成されています。指導スキルを磨き実践するための指導の練習を行い、フィードバックを得る時間もたっぷりと予定しています。広い心とマインド、学び続けることへの意欲、まさにこれが素晴らしいヨガ指導者になるために支えとなります。謙虚に、そしてビギナーのようなハングリー精神を保つことが、個人のプロとしての成長の鍵となります。自分の練習を深め、指導する生徒の練習も深めてあげられるように、スキルを磨き続けることが欠かせません。

サンアンドムーンでこれまで開催してきたベーシックのリストラティブヨガ指導者養成コースの修了生のみなさんからずっとリクエストをいただいていたこのコースを開催できることにワクワクしています。大勢の皆さんにご参加頂けますように!

【コースの内容】
restorative_yogafest2018_31日目と2日目:リストラティブヨガポーズ(アドバンスド)

・瞑想の練習とその伝え方
・新しいリストラティブヨガポーズ(プロップスのセットアップとさまざまな使い方、利点なども合わせて学習します)
・ハタヨガクラスへのリストラティブヨガポーズの取り入れ方とプロップスの使い方
・リストラティブヨガの作用や効果について、レベルを深めて探究し、ディスカッションを行います
・ベーシックコースで学んだポーズと瞑想のレビュー
・ディスカッション、内省、パートナーワーク、指導の練習

3日目:瞑想/マインドフルネス
・瞑想の練習方法と指導方法
・3つのマインドフルネス・テクニックと瞑想(ベーシックのRTTCとは別の瞑想を行います)
・指導スキルクリニック:瞑想の指導練習を行い、フィードバックを得ながら学びます
・ディスカッション、内省、パートナーワーク、指導の練習

4日目:指導スキルの総復習
・瞑想の練習方法と指導方法
・観察する技術:細かい部分まで見る方法
・シャバアーサナ:生徒に喜んでもらえるアジャスト方法
・ヨガニードラ:短いバージョンと長いバージョンの2つのヨガニードラ瞑想のガイドを学び、指導方法を連取します
・1〜3日目のスキルの復習
・指導スキルクリニック:パートナーワークで、指導とアジャストの練習
・ディスカッション、内省、パートナーワーク、指導の練習
・クロージングサークル(全員でまとめを行います)

restorative_yogafest2018【修了書発行について】
コース全日程に出席した受講生に対し、コース終了時にサンアンドムーンのアドバンスド・リストラティブヨガ指導者養成コースの修了書を授与いたします。

【対象となる受講生】
このアドバンスド・リストラティブヨガ指導者養成コースは、サンアンドムーンのリストラティブヨガ指導者養成コースまたはローリング・リストラティブヨガ指導者養成コースを修了した方、あるいは、その他のリストラティブヨガ指導者養成コースまたは200時間ヨガ指導者養成コースでリストラティブヨガを学んだ方。リストラティブヨガ、瞑想、指導スキルの学びを深めたい方に最適です。ご不明な点はスタジオまでお問い合わせください。

コースは英語で開催し、全日程に日本語通訳がつきます。
日本語通訳:トンプソン浩美・キティ

受講生には、英語または日本語の総合マニュアルが配付されます。両言語ともご希望の方は、2冊目の言語のマニュアルを3500円で販売いたします。ご希望の方は、必ず前もってお知らせください。

【受講費】
通常受講費 98000円
早割り 88000円(2018年8月20日までに受講費のお支払いを含め、登録を完了する方が対象)

ご質問等は遠慮なくスタジオまでお問い合わせください。

【お申し込み】
このコースに参加ご希望の方は、メールにて、表題にコース名をご記入の上(必ずコースの年月を記載してください)、氏名、住所、電話番号、また以下の質問に率直かつ手短にお答えいただきお申し込みください。
1. あなたのヨガの練習について詳述してください。(年数、スタイル、どこで)
2. あなたのヨガ指導経験について詳述してください。(年数、スタイル、どこで、修了したコース、スクール名と年度)
3.リストラティブ・ヨガの経験、および本コースの受講志望理由を説明してください。
4.本コースの受講目的(意図)を具体的にお書きください。
5.受講に際して、事前に申告しておくべきケガや疾患などがあればお書きください。(妊娠中の方はお知らせください。)
お申し込みを確認し、スタジオよりご案内のメールを送信します。ご案内メールに特別な記載がない限り、スタジオから送信するご案内メールより2週間以内に受講費を精算していただくことをもって、ご予約完了となります。

(Photos by Yasuyuki Kobayashi)


ワークショップお申し込みの際、確認メールが1週間以内に届かない場合は、お申し込みが届いていないか、確認メールを受け取っていない可能性があります。確認が1週間以内に届かないときは、恐れ入りますが再度お申し込みをお願いいたします。特に、Gmail、ヤフーメール、Hotmailをご使用の方は、迷惑メールもご確認ください。 ナマステ


特に記載がない限り、通常全てのワークショップは、英語で行われ、日本語の通訳がつきます。


過去のワークショップ
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年(英語)
2005年以前(英語)