これから開催されるワークショップ(開催順)

瞑想・マインドフルネス・マントラのワークショップシリーズ 9月
2017年9月24日 与えることと引き受けること: トンレンの修業、リザ・ロウィッツによる瞑想ワークショップ

瞑想・マインドフルネス・マントラのワークショップシリーズ 10月
2017年10月15日 グル・プジャ瞑想 - 現代の生活の中で、リザ・ロウィッツによる瞑想ワークショップ

瞑想・マインドフルネス・マントラのワークショップシリーズ 11月
2017年11月19日 マインドフルネスをリビングルームからラボへ:自分でできる練習と客観の科学
パトリック・ミッチェルによる瞑想ワークショップ

2017年度 リザ・ロウイッツと学ぶリストラティブ・ヨガ20時間指導者養成コース

2018年1月 キティ先生と学ぶサンアンドムーン マタニティ・ヨガ20時間指導者養成コース

2018年1月8日 年に一度のアバンダンス・フロー ワークショップ リザ・ロウイッツによる1日集中講座

2018年1月 イヴォンヌ・ジェイクスと学ぶヨガインストラクター向け『ヨガ解剖学』20時間ヨガ指導者養成コース

2018年1月28日 パドマ・イヴォンヌ・ジャック先生と学ぶサトルボディ・アサナ・ワークショップ: ヴァユ、チャクラ、バンダ

2018年2月 新登場! スペシャルコース: ヨガライフマジック
リザ・ロウィッツと学ぶ20時間集中コース


瞑想・マインドフルネス・マントラのワークショップシリーズ 9月
『与えることと引き受けること: トンレンの修業』
リザ・ロウィッツによる瞑想ワークショップ

2017年9月24日(日) 5:00-7:00pm

b-in_b-out命は喜びをもたらします。でも、命は苦しみももたらします。苦しみに耐えることはとても辛くて、逃げ出したくなります。苦しみや辛さを避けようとしても、つきまとってきます。
どうしたらよいでしょうか。瞑想です。トンレンの修業は、恐れを克服して苦しみと共に存在することを受け入れるために強い力を与えてくれます。自分自身の恐れや苦しみ、そして他人の恐れや苦しみをも受け入れるための手段です。

この瞑想を通じて、心が苦しみと対面するときにその苦しみを愛情に変換する修業をします。心の囲っている壁を少しずつ取り壊すことができたら、この大切な命に対してもっと深い愛を呼び起こし、平和と奉仕の気持ちをもって生きる強い意思をもつことができるでしょう。

この力強い、古代から伝わる修業を学びにお越しください。ワークショップの収益の一部はチャリティに寄付いたします。

講師プロフィール:
リザ・ロウィッツ

参加費:3,500円
日本語通訳:高橋はるか

<申し込み方法>
このワークショップに参加ご希望の方は、メールにて、表題に参加ご希望のワークショップ名をご記入の上、氏名、住所、電話番号を明記のうえお申し込み下さい。お申し込みを確認し、スタジオよりご案内のメールを送信します。ご案内メールに特別な記載がない限り、スタジオから送信するご案内メールより2週間以内に受講費を精算していただくことをもって、ご予約完了となります。ご入金も含め、お申し込み締め切りは、開催日の1週間前です。開催日の1週間前以前に定員に達した場合は、キャンセル待ちのみの受付となります。


ワークショップお申し込みの際、確認メールが1週間以内に届かない場合は、お申し込みが届いていないか、確認メールを受け取っていない可能性があります。確認が1週間以内に届かないときは、恐れ入りますが再度お申し込みをお願いいたします。特に、Gmail、ヤフーメール、Hotmailをご使用の方は、迷惑メールもご確認ください。 ナマステ


瞑想・マインドフルネス・マントラのワークショップシリーズ 10月
グル・プジャ瞑想 - 現代の生活の中で、リザ・ロウィッツによる瞑想ワークショップ

2017年10月15日(日) 3:00-5:00pm

gurupujaサンスクリットで「グル(guru)」は「暗闇を取り除く者」を意味します。
師が気付きに向かう道を示してくれ、そこから私たちは、光り輝く存在へ、そしてワンネスへと導かれていきます。

サンスクリットの「プジャ(puja)」は、崇拝するという意味の語幹“puj”の派生語で、供養する、敬うという意味があります。

グル・プジャ瞑想は師や先生、つまり私たちの内にある光を引き出してくれた人を敬い、また感謝の気持ちを捧げる練習です。大切な人を自分の家に迎えるように、その人たちを、敬意をもって、礼儀正しく私たちの心に迎え入れます。

師(グル)に敬意を表し、グル・シャクティ(光と調和に満ちたエネルギー)を大切に私たちの心に迎え入れ、内なる師を呼び起こします。

謙虚さと感謝の気持ちを養う力強い瞑想の練習です。ぜひご参加ください。

講師プロフィール:
リザ・ロウィッツ

参加費:3,500円
日本語通訳:高橋はるか

<申し込み方法>
このワークショップに参加ご希望の方は、メールにて、表題に参加ご希望のワークショップ名をご記入の上、氏名、住所、電話番号を明記のうえお申し込み下さい。お申し込みを確認し、スタジオよりご案内のメールを送信します。ご案内メールに特別な記載がない限り、スタジオから送信するご案内メールより2週間以内に受講費を精算していただくことをもって、ご予約完了となります。ご入金も含め、お申し込み締め切りは、開催日の1週間前です。開催日の1週間前以前に定員に達した場合は、キャンセル待ちのみの受付となります。


ワークショップお申し込みの際、確認メールが1週間以内に届かない場合は、お申し込みが届いていないか、確認メールを受け取っていない可能性があります。確認が1週間以内に届かないときは、恐れ入りますが再度お申し込みをお願いいたします。特に、Gmail、ヤフーメール、Hotmailをご使用の方は、迷惑メールもご確認ください。 ナマステ


瞑想・マインドフルネス・マントラのワークショップシリーズ 11月
マインドフルネスをリビングルームからラボへ:自分でできる練習と客観の科学
パトリック・ミッチェルによる瞑想ワークショップ

11月19日(日) 5:00-7:00pm

labo_mindfulness2500年続く仏教の教えの切っても切り離せない一部として、マインドフルネス瞑想は何世紀にもわたり何百万もの人々が繰り返し練習し、研究を続け、洗練されてきています。

ここ数十年でマインドフルネスは世界中の病院、学校、職場、スポーツの指導、刑務所、軍隊など、特に宗教とは関連性のない場に紹介されています。今や、ほとんど誰でも数分のマインドフルネスの練習だけで、落ち着いて集中でき、感謝にあふれる状態を経験できるようになれます。

そんな中、マインドフルネスをもっと広く社会に応用することに関心を示す現代の科学者は独自に研究を続けています。例えば、数百件のマインドフルネスの綿密な研究で何が明らかになるでしょうか。マインドフルネスが身体や精神面に及ぼす目に見えるほどの影響とは何なのでしょうか。

このワークショップでは、現代科学の視点でマインドフルネスに関する非常に説得力のある発見を少し解明してみたいと思います。マインドフルネスの練習によって刺激される脳の特定の部分についてディスカッションを行い、座位の瞑想とウォーキング瞑想を行って自分の脳をもっと良く整えてみます。そしてマインドフルネスが人間関係や毎日の行動にプラスな方向に影響を与えることができるか、証拠を検証してみましょう。

このワークショップは初めての方も、瞑想を普段から練習している方も、どなたでもご参加いただけます。ご参加をお待ちしています!

講師プロフィール:
パトリック・ミッチェル

マインドフルネス/ストレスマネジメント インストラクター、比較教育学修士

パトリックはハタヨガインストラクター(シヴァナンダヨガ正式指導者、2000年8月)であり、マインドフルネス瞑想法の奥深い広がりに強い関心を抱いている。2001年に参加したゴエンカ氏のヴィパッサナー瞑想リトリートからヴィパッサナー瞑想の実践を始め、以来インド、タイ、カナダ、日本などで10日間の内観瞑想リトリートに数多く参加している。

マインドフルネス瞑想法のトレーニングとして、2005年にジョン・カバット・ジン博士とサキ・サントレーリ博士による「心身医学におけるマインドフルネスストレス低減法:プロフェッショナルトレーニング全7日間」に参加(ニューヨーク、オメガ研究所)。2008年には2か月間マサチューセッツ州ウースター郡に滞在し、8週間の「マインドフルネスストレス低減法実習」に参加(マサチューセッツ大学医学系研究科マインドフルネスストレス低減法講座)。
MBSR(マインドフルネスベースストレス低減法)講座の国内開催についてはtokyostressreduction.org をご覧ください。

参加費:3,500円

日本語通訳:高橋はるか

<申し込み方法>
このワークショップに参加ご希望の方は、メールにて、表題に参加ご希望のワークショップ名をご記入の上、氏名、住所、電話番号を明記のうえお申し込み下さい。お申し込みを確認し、スタジオよりご案内のメールを送信します。ご案内メールに特別な記載がない限り、スタジオから送信するご案内メールより2週間以内に受講費を精算していただくことをもって、ご予約完了となります。ご入金も含め、お申し込み締め切りは、開催日の1週間前です。開催日の1週間前以前に定員に達した場合は、キャンセル待ちのみの受付となります。


ワークショップお申し込みの際、確認メールが1週間以内に届かない場合は、お申し込みが届いていないか、確認メールを受け取っていない可能性があります。確認が1週間以内に届かないときは、恐れ入りますが再度お申し込みをお願いいたします。特に、Gmail、ヤフーメール、Hotmailをご使用の方は、迷惑メールもご確認ください。 ナマステ



2017年 リザ・ロウイッツと学ぶリストラティブ・ヨガ20時間指導者養成コース

restorative_cu

定員に達しました。キャンセル待ちのみ受付可能です。

2017年11月コース
11月23日(祝) 9:00am-9:00pm (11hrs + 1hr ランチ)
11月25日(土) 5pm-9:30pm (4.5hrs)
11月26日(日) 3pm-7:30pm (4.5hrs) *最終日の時間を変更しました。

毎回ご好評をいただいている、総合的かつ人生の転機となるこの指導者養成コースをまた開催できることを嬉しく思っております。

受講者は全過程を修了して頂く必要があります。緊急事態を除いては、補講は受けられません。
本コースの全課程を修了した方には、日本語あるいは英語のトレーニングマニュアルと、修了証を贈呈します。

<なぜ今、リストラティブ・ヨガなのか?>
現代社会において、とくに都市に暮らす人々にとって、日々のストレスは、驚くべきほどの大きさになっています。それもひとえに、競争社会に生き抜くために、私たちの誰もがエネルギーを費やさねばならないからにほかなりません。そのため、ヨガを指導する立場にある私たちに求められていることは、人々が心と体の平衡感覚を取り戻し、ストレスに満ちた現代社会に負けないようにするための、よりゆっくりとした、そして深みのあるヨガを実践していくことにあります。
リストラティブ・ヨガとは、体が本来的に持つ”癒しの感覚”を呼び起こし、神経組織を落ち着かせ、そして心に平穏をもたらすためのヨガの練習方法です。それは、非常に深いリラックゼーションをもたらす、”受動的な”ハタ・ヨガの練習方法とも言えます。具体的には、補助用具を使い、呼吸を意識しながら、より長い時間1つ1つのポーズを練習していくことで、肉体的および精神・情緒的な緊張感を解きほぐしていきます。
練習では、ボルスターや毛布、ブロック、ベルト、サンドバッグの重しなどの様々な補助用具を使うことで、体に負担を掛けることなく、肉体と精神の平衡感覚を取り戻し、深いリラクゼーションを通じて体と心を開いていきます。このため、ケガをしている人や病気からの回復過程にある人、また身体的な障害のある人などに最適な練習方法です。もちろん、単にリラックスを必要としている人や、生活する上での調和とバランスを取り戻したいと考えている人にも、お薦めのヨガとなっています。

<講習コースの内容>
講習では以下の内容に即して講義を行ないます:
・ リストラティブ・ヨガとは何か?
・ 肉体的、精神的、情緒面でどのような効果があるか?
・ 用具(プロップ)の正しい使い方
・ よくある用具の間違った使用例と、その訂正方法
・ 異なる効果をもたらすためのリストラティブ・シーケンス
・ リザ独自のリストラティブ・ヨガ・ポーズ
・ 各セラピーに即したポーズと練習方法(不眠症、慢性的疲労症候群など)
・ リストラティブ・ヨガのための呼吸法(プラナヤマ)
・ リストラティブ・ヨガの授業の構成方法
・ リストラティブ・ヨガとその他のヨガ・セラピーとの融合方法(タイ式ヨガマッサージ、ビジュアライゼーション、ガイデッド・メディテーション、ヨガ・ニードラなど)

また本コースでは、思考・意図の内側及び外側からのメソッド、体験の五層(コーシャ)を用い、「ヨガがいかに作用するのか」という概念についても議論をします。リストラティブ・ヨガのポーズの指導に加え、瞑想や、心の内側に働きかけるワークなども実践します。

<講習方法>
今回の講習は、講義と実際の練習、ならびに指導に関するデモンストレーションを通して行ないます。指導のデモンストレーションでは、交互に先生と生徒役にわかれて、各ポーズ、練習の指導のシミュレーションを行ないます。また質問の時間やディスカッションの時間も設けます。

<講師の略歴>
リザ・ロウイッツは、10年以上に渡りリストラティブ・ヨガの指導・練習を行なっており、2003年に日本で初めてリストラティブ・ヨガを紹介しました。(Sun&Moonがボルスターなどの用具をアメリカから送ったとき、税関が何ヶ月もかけてボルスターやアイ・ピローに麻薬が隠されていないかを確認しました)これまでにも、日本の国内外でリストラティブ・ヨガのワークショップ、リトリートを開催しています。2004年には日本テレビの”ナイナイサイズ”で、彼女のリストラティブ・ヨガ・コースが紹介されました。
ロウイッツは、ライター、ヨガ指導者として活躍しており、世界的な多くのヨガ指導者から伝統的なヨガを学んできています。現在、ヨガスタジオのSun &Moonを主宰するとともに、ベストセラーである「ヨガポエム」の作者でもあります。

<講習に際して必要なもの>
今回の講習に必要な用具(ボルスター、毛布、重し、アイピローなど)のすべては、スタジオに揃っておりますので、参加者の方は筆記用具、ノート、飲み水、着替え等をお持ち頂くだけで結構です。なお、講習中のテープレコーダー、録音機のご使用はお控え下さい。受講者にはマニュアルを配付いたします。

<受講費>:80,000円

定員:20名 (すぐに定員に達することが予想されます。お申込みはお早めに!)
*再受講を希望の方は50%オフです。お申し込み時に簡単に再受講を希望される理由を記載してください。

日本語通訳:高橋はるか(講義は英語で行われ、日本語通訳がつきます。)

<コース対象者および注意事項>
- このコース取得前に200時間ヨガティーチャートレーニングを修了している方が望ましい。ただし、この練習をご家族や個人的に他の方と行いたい方も受講できます。こちらへメッセージを送ってご相談ください。
- 受講者はコース受講前にリストラティブヨガクラスを10回以上は体験してください。
- 受講者は全過程を修了して頂く必要があります。緊急事態を除いては、補講は受けられません。

<申し込み方法>
このコースに参加ご希望の方は、メールにて、表題にコース名をご記入の上(必ずコースの年月を記載してください)、氏名、住所、電話番号、また以下の質問に率直かつ手短にお答えいただきお申し込みください。
1. あなたのヨガの練習について詳述してください。(年数、スタイル、どこで)
2. あなたのヨガ指導経験について詳述してください。(年数、スタイル、どこで、修了したコース、スクール名と年度)
3.リストラティブ・ヨガの経験、および本コースの受講志望理由を説明してください。
4.本コースの受講目的(意図)を具体的にお書きください。
5.受講に際して、事前に申告しておくべきケガや疾患などがあればお書きください。(妊娠中の方はお知らせください。)
お申し込みを確認し、スタジオよりご案内のメールを送信します。ご案内メールに特別な記載がない限り、スタジオから送信するご案内メールより2週間以内に受講費を精算していただくことをもって、ご予約完了となります。ご入金も含め、お申し込み締め切りは、開催日の1週間前です。開催日の1週間前以前に定員に達した場合は、キャンセル待ちのみの受付となります。


ワークショップお申し込みの際、確認メールが1週間以内に届かない場合は、お申し込みが届いていないか、確認メールを受け取っていない可能性があります。確認が1週間以内に届かないときは、恐れ入りますが再度お申し込みをお願いいたします。特に、Gmail、ヤフーメール、Hotmailをご使用の方は、迷惑メールもご確認ください。 ナマステ



キティ先生と学ぶサンアンドムーン マタニティ・ヨガ20時間指導者養成コース 第3期
2018年1月

myttc_hiromi2018年
1月4日(木) 4:30pm-9:30pm (5時間)
1月5日(金) 4:30pm-9:30pm (5時間)
1月6日(土) 4:30pm-9:30pm (5時間)
1月7日(日) 4:30pm-9:30pm (5時間)

講師:ヒロミ・キティ・トンプソン

日本で現役マタニティヨガ講師として7年以上継続的にマタニティヨガを教え、現状を把握し、信頼する助産師と共に、日本の妊娠、出産、産後の状況と真摯に向き合っているHiromi Kitty Thompson先生の講師養成講座です!

<なぜマタニティ・ヨガの需要が高いのか?>
マタニティ・ヨガは妊婦さんの間でとても注目度が高く、多くのヨガスタジオ、産院、助産院、子育て支援センターなど、様々な場所でクラスが開かれています。クラスの中では身体を呼吸と共に動かしてゆったりと丁寧にポーズをとることで、出産に必要な筋肉群に柔軟性とスタミナをつけ、骨盤や背骨を正しい位置に調整、維持していきます。
大切なことは、ヨガを通して妊婦さんがお腹の赤ちゃんを感じ、寄り添い、「あるがまま」を受け入れ呼吸を通して、心身をつなげリラックスしていくことです。
現代社会の女性は多忙な生活を送っています。お腹の赤ちゃんとのつながりを感じたり、同じ妊娠期の女性とのコミュニケーションをとったりする機会が少ない様に思います。妊婦さんの精神的身体的サポートはもとより、妊婦さん同士の情報交換の場としても、マタニティ・ヨガのクラスは存在価値が高いのです。

marternity2_small<講習コースの内容>
講習では以下の内容に即して講義を行ないます:
・ マタニティ・ヨガとは何か?
・ 妊娠期の心と身体の変化
・ マタニティ・ヨガの実践 / 呼吸法(プラナヤマ)
・ マタニティ・ヨガの実践 / ポーズ (アーサナ)
・ マタニティ・ヨガの実践 / パートナーヨガ、チェアヨガ、リストラティブヨガ
・ マタニティ・ヨガ / 妊娠期の症状別アプローチ
・ マタニティ・ヨガを陣痛・出産に役立てる方法
・ マタニティ・ヨガの授業の構成方法・適切な言葉がけ
・ 日本のマタニティ・ヨガで求められていること

自由が丘のカリスマ助産師による日本の出産とマタニティヨガの現状の講義も90分あります!

<講習方法>
今回の講習は講義と実際の練習、及びに指導に関するデモンストレーションを通して行ないます。指導のデモンストレーションでは、交互に先生と生徒役にわかれて、各ポーズ、練習の指導のシミュレーションを行ないます。また質問の時間やディスカッションの時間も設けます。

このコースは男女問わず、また出産のご経験を問わず、命を育む人とともに歩みたいと考えていらっしゃるヨガインストラクターの皆様にお薦めいたします。
ご不明な点、お申し込み前に聞いておきたいことなどございましたら、遠慮なくご連絡ください!

<受講費>
通常受講費:80,000円
2017年12月5日までにお申し込み手続き完了する方への早割り(受講費のお支払い含む):70000円
定員:15名

受講者は全過程を修了して頂く必要があります。
本コースの全課程を修了した方には、日本語のトレーニングマニュアルと、修了証を贈呈します。

<講習に際して必要なもの>
今回の講習に必要な用具(ヨガマット、ボルスター、毛布、重し、アイピローなど)のすべてはスタジオに揃っておりますので、参加者の方は筆記用具、ノート、飲み水、着替え等をお持ち頂くだけで結構です。なお、講習中のテープレコーダー、録音機のご使用はお控え下さい。受講者にはマニュアルを配付いたします。

コース対象者および注意事項:
・このコース取得前に、1年以上の継続的ヨガの練習をしている方が望ましいです。ただし、この練習をご家族や個人的に他の方と行いたい方も受講できます。こちらへメッセージを送ってご相談ください。
・医療従事者で、現場でマタニティヨガを取り入れようとしている方
・既にマタニティヨガを教えているが、スキルアップしたい方
・既に他のマタニティヨガ講師養成講座を受けたが自信をつけたい方
受講者は全過程を修了して頂く必要があります。

hiromi_2<講師の略歴>
ヒロミ・キティ・トンプソン
は、10年以上に渡りヨガの指導・練習を行なっており、ここ5年はボディワーク通訳者としても、著名な講師の指導者講師養成講座通訳、ワークショップの通訳としても活躍中である。大手通信教育のマタニティ・ヨガのテキスト執筆、DVDにも出演。現在もヨガの一生徒として日々アーサナを実践し、ボディワーク関連の書籍を愛読書として知識を深めている。
前職の外資系キャビンアテンダントの頃から様々な国でのヨガクラスやワークショップに参加し、素晴らしい指導者達のもとで練習する機会に恵まれる。マタニティ・ヨガは信頼する助産師のアドバイスを取り入れながら、7年間継続的に教えている。東京を基盤にマタニティ・ヨガと日本の出産状況を把握し、妊婦さんのマタニティライフに寄り添う事を心がけている。自身も5回の妊娠、3回の出産、2人の子育てを経験しながら、命を育む事の素晴らしさをヨガのエッセンスと共にシェア出来る事に喜びを感じている。

キティ先生の生徒さんのコメント
キティ先生の生徒さんよりいただいたコメントをご紹介いたします。

myttc2017生命の奇跡を良い意味で痛感しました。 現代の妊婦さんの身体の状況や日本と海外の出産の違いから、マタニティヨガがどのように身体に作用するのか。メンタル面での必要さを実体験と助産師さんを交えて分かりやすく伝えてくださった事で妊婦さんに寄り添って考えられるようになりました。 何より素晴らしいのはキティ先生の包み込む愛情です。マタニティだけでなく、インストラクターとして全てが学びとなりました。 とても素晴らしい経験でした。 ありがとうございます! (R.K.さん 第1期修了生)

妊娠期の妊婦さんの心や身体の不安定さや、繊細さを改めて気づかされ、身近にいる妊婦さんにもっと目を向け、寛容になる必要があると思いました。 また、キティ先生自身がマタニティヨガのレッスンを通して妊婦さんの皆さんから良いエネルギーをもらっているという言葉が印象的でした。(A.K.さん 第1期修了生)

男性ですがこのコースに参加しました。受講中は息子が3ヶ月だったと思います。妊娠、出産を妻と共に経験してそれからあっと言う間に時間が経って行く子育てのなかでこれは是非現在妊娠中の妊婦さんに伝えたい!とかこう言う事は知っておきたかったのに!とか、沢山の事が出て来ました。マタニティヨガを指導できるようになりたい思ったのは妊婦さんにアンテナを建てて貰う事の必要性を伝えたかったから。病院やお医者さんからは教えて貰えない事って沢山あります。むしろこう言う事を教えて欲しいのにと思う様な事だらけです。僕は現在マタニティヨガのクラスを開催していますが、それ以外でも周りの友達の妊婦さんや産後のお母さん達、自分の家族に少しでも役立つ知識のシェアが出来る事、本当に良かったと思います。男性だけど女性から産まれて来たし息子も女性から産まれて来た訳で、マタニティに関して勉強する事って結構大事な事なんじゃないかなぁ。世の中の男性のスイッチがこう言う事でオンになる事が次世代に向かっての大切な一歩なんだと思います。(D.K.さん 第1期修了生)

マタニティヨガのころから先生に教えていただいています。素敵な声で、ポーズのポイントとどんなことに良いのかも伝えていただけるので、一つずつ納得しながらヨガができています。また、日常生活への取り入れ方も教えてくださるので、日々の生活の中でも時々思い出しながら体を動かしています。子育てのアドバイスをしていただいたことも本当にありがたく、出産に向けて励ましたいただいたことは今でも忘れられません。これからもよろしくお願いします!(N.Aさん、マタニティヨガクラス)

いつも一人一人の体調を聞いて下さり、丁寧にアドバイスを下さいます。呼吸法から始まり、胸を開くポーズや骨盤を意識したポーズを多く取り入れたレッスンが終了すると、慢性的な肩こりが解消して心身共にリフレッシュできます。(C.Iさん、マタニティヨガクラス)

ひとりひとりの生徒を大切に見守るキティ先生から、マタニティヨガを実践する生徒だけでなく、その先にある新しい命をも見守る心と身体のケアを指導する方法を学びましょう。

<申し込み方法>
このコースに参加ご希望の方は、メールにて、表題にコース名をご記入の上(必ずコースの年月を記載してください)、氏名、住所、電話番号、また以下の質問に率直かつ手短にお答えいただきお申し込みください。
1. あなたのヨガの練習について詳述してください。(年数、スタイル、どこで)
2. あなたのヨガ指導経験について詳述してください。(年数、スタイル、どこで、修了したコース、スクール名と年度)
3. マタニティヨガの経験又はマタニティヨガの指導経験の有無、および本コースの受講志望理由を説明してください。
4. 本コースの受講目的(意図)を具体的にお書きください。
5. 受講に際して、事前に申告しておくべきケガや疾患などがあればお書きください。(妊娠中の方は妊娠週数お知らせください。)

お申し込みを確認し、スタジオよりご案内のメールを送信します。ご案内メールに特別な記載がない限り、スタジオから送信するご案内メールより2週間以内に受講費を精算していただくことをもって、ご予約完了となります。


ワークショップお申し込みの際、確認メールが1週間以内に届かない場合は、お申し込みが届いていないか、確認メールを受け取っていない可能性があります。確認が1週間以内に届かないときは、恐れ入りますが再度お申し込みをお願いいたします。特に、Gmail、ヤフーメール、Hotmailをご使用の方は、迷惑メールもご確認ください。 ナマステ



年に一度のアバンダンス・フロー ワークショップ
豊かさを創造するフロー(流れ)に心を開いて 
リザ・ロウイッツによる1日集中講座 エナジーフローとマニフェスティング(実現化)

2018年1月8日(月・祝) 9:00am-4:00pm

abundance2新年の目標を立て、人生に新たな道を築きましょう!!!

たくさん持つことに罪悪感を感じていませんか? 与えることと受け取ることにどのように対応しているでしょうか? 今の自分の仕事が大好きですか? 何かが自分の夢を追うことを止めようとしていませんか?
お金、そして豊かであること。どちらも宇宙の全てのものと同じく、エネルギーが形となったものです。その流れにもスピリチュアルな法則があります。あなたのお金に対する態度はどのようなものでしょうか? それはどこから来たのでしょうか? あなたは自分自身に豊かさをもたらすことを許しているでしょうか?

このワークショップは、宇宙におけるすべての流れのチャンネルの開き、みなさんの隠れた能力を顕在化させるためのものです。お金と自分との関係、またその流れを理解して変えていきます。そして最終的には、みなさんがそれぞれのライフワークを見つけ、豊かさという自然な状態をもたらすお手伝いをします。

このワークショップでは以下のことを行います。
・誘導のための瞑想
・ジャーナリング
・実現のテクニック
・パートナーワーク
・流れを引き寄せるテクニック、など

自分のお金に関する考えを理解し変えていくためには、直感に耳を傾け、自分をそして宇宙を助けるような機会と可能性を自分のもとに引きつけていきましょう。

このワークショップに参加したライターのBonnie Lee La Madeleineはワークショップの感想を以下のように述べています:
「このワークショップに参加したことによって、いかに自分自身で自分の行った努力の
邪魔をしてきたのか、分かりました。ワークショップでの経験を通じて、ライティング・スキルを磨くことに集中するようになり、フリーのライターとしての仕事をしていくためのプラン作りを進めています。現在、ある本の出版について複数の出版社と交渉中で、その中の1社からは積極的な申し込みが受けています。」

また、参加者の一人は以下のようなコメントを寄せています:
「どう感謝してよいのか分からないほどの多くのことを今日ここで学ぶことができました。自分の人生の目標をこれほど明確に感じたことはこれまでありません。今日のワークショップを通して、自分がこれから前に向かって歩み出し、そしてすべてを実行するための信念と自分への信頼感を持つことが出来ました。」

もしあなたが自分の可能性を拡げる方法を探し求めているならばこの特別ワークショップはあなたのためのものです。

このクラスは英語で行われますが、髙橋はるかさんによる日本語の通訳が付きます。またジャーナリング、パートナーワークは日本語でも大丈夫です。

特別参加費 冬至までの特別割引価格 15,000円(2017年12月25日までに受講費お支払い完了の場合)
通常参加費 20,000円
過去にこのワークショップに参加された方がリテイクされる場合:10,000円

定員: 30名

このワークショップはすぐに定員に達することが予想されます。夢を実現する一歩のために、今すぐお申し込みください!

<申し込み方法>
このワークショップに参加ご希望の方は、メールにて、表題に参加ご希望のワークショップ名をご記入の上、氏名、住所、電話番号を明記のうえお申し込み下さい。お申し込みを確認し、スタジオよりご案内のメールを送信します。ご案内メールに特別な記載がない限り、スタジオから送信するご案内メールより2週間以内に受講費を精算していただくことをもって、ご予約完了となります。ご入金も含め、お申し込み締め切りは、開催日の1週間前です。開催日の1週間前以前に定員に達した場合は、キャンセル待ちのみの受付となります。


ワークショップお申し込みの際、確認メールが1週間以内に届かない場合は、お申し込みが届いていないか、確認メールを受け取っていない可能性があります。確認が1週間以内に届かないときは、恐れ入りますが再度お申し込みをお願いいたします。特に、Gmail、ヤフーメール、Hotmailをご使用の方は、迷惑メールもご確認ください。 ナマステ


armb1イヴォンヌ・ジェイクスと学ぶヨガインストラクター向け『ヨガ解剖学』
20時間ヨガ指導者養成コース
Sun & Moon Yoga 五反田 主催 

2018年1月20、21、22、23日

スケジュール詳細
1月20日(土) 5:00-10:30pm (5時間、30分休憩)
1月21日(日) 3:00-10:00pm (6時間、1時間休憩)
1月22日(月) 6:00-10:30pm (4.5時間)
1月23日(火) 6:00-10:30pm (4.5時間)

〜他に類を見ない ヨガ解剖学コース〜

普段の解剖学クラスで教わるような体の構造や主要部分の理解だけでなく、目に見えない体のサトルボディ(エネルギーボディ)を意識してアサナプラクティスにつなげていく、日本では珍しい講座。

この解剖学コースでは、アサナの動きと同時に体を流れるエネルギー(氣)を自ら感じ、動かすことを学び、結果として氣(エネルギー)の流れを体の背骨中心にあるセントラルチャンネル(スシュムナナディ)へとスムーズに導くヨガの基本的な目的を取り入れ、力強くぶれのないプラクティスへと展開していきます。

また実践的なトレーニングを通して、自分の体にとっての正しいアライメントを体の内側と外側からしっかり学び、生徒にけがをさせず、体の痛みを和らげていけるようなエネルギーボディの使い方を体験し、ティーチングの現場に役立てることのできるスキルを身につけていきます。生徒が心地よく練習できるよう個人に合うぴったりのアシスト方法を学びます。アーサナ、プラナーヤマ、ムードラ、バンダ、そして瞑想まで、身体全体を使うヨガプラクティスを掘り下げて探求します。

yvonneこのコースは200時間や300時間のヨガ指導者養成コースで行われる解剖学分野と同じ構成で開催します。

講師のパドマ・イヴォンヌ・ジェイクスは、カナダ、バンクーバーのランガラ・カレッジ・ヨガ指導者トレーニングプログラムにて、解剖学/生理学分野の講師など、4年に渡る講師経験があります。また、ヨガ・スタディーズ・インスティテュートでもヨガ哲学、アーサナ技法の指導も務めました。パドマは、Diane Lee (『骨盤帯』著者) と Linda-Joy Lee のConnecting to Your Core(体幹とのつながり)」、「Postpartum Health for Moms(母親のための分娩後健康維持)」コースなど、運動機能の再教育と機能運動も指導しています。
カナダ・バンクーバーにて、運動療法士およびC.H.E.K プラクティショナー(レベル3)としても20年以上にわたり活躍中。

受講費:
早期申込割引;90,000円(2017年12月15日までに受講費ご入金完了の場合)
通常受講費:100,000円

日本語通訳:高橋はるか

august-30-087コース受講者の声
解剖学の部分が興味深くて楽しい授業になりました。ありがとうございます! パドマ先生のような素晴らしい方に会えたことに感謝しています。また先生から指導を受けられることを楽しみにしています。- Agnieszka

この6か月のコース中、パドマ先生から学べたことが本当に嬉しかったです。またどこかで会えますように! - Amanda

パドマ先生と出会えたこと、本当に感謝しています。また別の機会に先生から指導を受けられますように。私がヨガを練習していく上で先生から学んだことを思いだします。ナマステ。 - Hannah

この数か月、先生の指導とサポートに心から感謝しています。アーサナに関しては質問がたくさんあるので、また必ず先生のクラスを受けに行きます。それぞれのアーサナに、とても深くて広い、それぞれの宇宙があるように思います。それを学ぶたびに、もっと魅かれていきます。私はまだ自分のヨガの旅を始めたばかりのところにいます。- Nao

パドマ先生は本当に素晴らしい! 解剖学のクラスでは「わぁっ!」と驚くことばかりでした。ヨガを指導していく上で、本当に重要で、役に立つ、まさに知っておかなければならないことばかりでした。クラスで完全に理解できてはいないので、本を読んで学びを続けています。先生に出会えたこと、本当にありがたいことです。コースは大変だったけれど、このコースを受けることに迷いを感じたことはありません。コースはあと少しで終わってしまいますが、ここで先生と会えました! これからは先生のクラスに行こうと思います。楽しみにしています。ナマステ。 - Tomomi

パドマ先生の指導が受けられて本当に嬉しいです。本当のことを言うと、始めのうちは解剖学のコースがつまらなかったんです。サンスクリット語だとか、解剖学用語だとか、私の語学知識不足のせいだと思っています。でも、コースを受けていて、解剖学って面白いと思い始めている自分に気付きました。コースがとても短くて残念です。またいつか先生から学ぶ機会があることを願っています。みんな、先生が大好きです! ナマステ。- Sidong

先生の指導、知恵を授けてくださったこと、それから先生の素敵なユーモアセンス、とても良かったです。ありがとうございました。またヨガクラスで会えますように。ナマステ! - Diana

先生の素晴らしいエネルギー、解剖学への情熱を分けてくださって、ありがとうございました。私がとても興味を持っている分野だったのですが、先生の指導でまた解剖学への情熱が増しました! 学んだこともうまく私の中でまとめられたと思います。ありがとう。ナマステ。 - Jaycee

<申し込み方法>
このコースに参加ご希望の方は、メールにて、表題にコース名をご記入の上(必ずコースの年月を記載してください)、氏名、住所、電話番号、また以下の質問に率直かつ手短にお答えいただきお申し込みください。
1. あなたのヨガの練習について詳述してください。(年数、スタイル、どこで)
2. あなたのヨガ指導経験について詳述してください。(年数、スタイル、どこで、修了したコース、スクール名と年度)
3. 本コースの受講目的(意図)を具体的にお書きください。
4. 受講に際して、事前に申告しておくべきケガや疾患などがあればお書きください。(妊娠中の方は妊娠週数お知らせください。)

お申し込みを確認し、スタジオよりご案内のメールを送信します。ご案内メールに特別な記載がない限り、スタジオから送信するご案内メールより2週間以内に受講費を精算していただくことをもって、ご予約完了となります。ご入金も含め、お申し込み締め切りは、開催日の1週間前です。開催日の1週間前以前に定員に達した場合は、キャンセル待ちのみの受付となります。


ワークショップお申し込みの際、確認メールが1週間以内に届かない場合は、お申し込みが届いていないか、確認メールを受け取っていない可能性があります。確認が1週間以内に届かないときは、恐れ入りますが再度お申し込みをお願いいたします。特に、Gmail、ヤフーメール、Hotmailをご使用の方は、迷惑メールもご確認ください。 ナマステ



subtlebodyパドマ・イヴォンヌ・ジャック先生と学ぶサトルボディ・アサナ・ワークショップ: ヴァユ、チャクラ、バンダ
(イヴォンヌ先生のヨガインストラクター向け『解剖学』コースのフォローアップコース)

2018年1月28日 2:30-7:30pm(30分休憩あり)

ヨガの学びを深めたいと思っている方に向けて、パドマ・イヴォンヌ先生がサトルボディ(エネルギーボディ)やさまざまなエレメントを自分の身体で感じ、それを使って意識的に練習を深めるためのヒントを指導します。

<ワークショップの内容>
呼吸と呼吸に合わせて流れる身体の生命の風(ヴァユ)
チャクラに関わるサトルボディの位置
バンダに関わるサトルボディの位置とその機能
エレメント: 5つのエレメントとサトルボディの関係、使い方
瞑想: アサナの練習を深める助けとなるパワフルなマインドのアラインメント方法

イヴォンヌ先生が長年にわたり培ったヨガの学びと経験を私たちに伝えてくれる他では受けられない講義です。サトルボディ(エネルギーボディ)についてもっと知りたいという方には見逃せないチャンスです。

特別受講費: 12,000円(イヴォンヌ先生のヨガインストラクター向け『解剖学』コースの修了生、また他のサンアンドムーンのTTC修了生の方)
通常受講費: 15,000円(このコースはイヴォンヌ先生の以前のコース、またはサンアンドムーンの各指導者養成コース(リストラティブヨガ、ヨガセラピー、マタニティヨガ、チベットハートヨガ、タイヨガマッサージなど)の修了生向けですが、これに該当しない方でも受講は可能です。スタジオ宛にメールでお問い合わせください。)

日本語通訳:高橋はるか

<講師について>
yvonne_capotasana講師のパドマ・イヴォンヌ・ジェイクスは、カナダ、バンクーバーのランガラ・カレッジ・ヨガ指導者トレーニングプログラムにて、解剖学/生理学分野の講師など、4年に渡る講師経験があります。また、ヨガ・スタディーズ・インスティテュートでもヨガ哲学、アーサナ技法の指導も務めました。パドマは、Diane Lee (『骨盤帯』著者) と Linda-Joy Lee のConnecting to Your Core(体幹とのつながり)」、「Postpartum Health for Moms(母親のための分娩後健康維持)」コースなど、運動機能の再教育と機能運動も指導しています。
カナダ・バンクーバーにて、運動療法士およびC.H.E.K プラクティショナー(レベル3)としても20年以上にわたり活躍中。イヴォンヌ先生のウェブサイト

<申し込み方法>
このワークショップに参加ご希望の方は、メールにて、表題に参加ご希望のワークショップ名をご記入の上、氏名、住所、電話番号を明記のうえお申し込み下さい。お申し込みを確認し、スタジオよりご案内のメールを送信します。ご案内メールに特別な記載がない限り、スタジオから送信するご案内メールより2週間以内に受講費を精算していただくことをもって、ご予約完了となります。ご入金も含め、お申し込み締め切りは、開催日の1週間前です。開催日の1週間前以前に定員に達した場合は、キャンセル待ちのみの受付となります。


ワークショップお申し込みの際、確認メールが1週間以内に届かない場合は、お申し込みが届いていないか、確認メールを受け取っていない可能性があります。確認が1週間以内に届かないときは、恐れ入りますが再度お申し込みをお願いいたします。特に、Gmail、ヤフーメール、Hotmailをご使用の方は、迷惑メールもご確認ください。 ナマステ


新登場! スペシャルコース: ヨガライフマジック
リザ・ロウィッツと学ぶ20時間集中コース
サンアンドムーンヨガ

immersion 2018年
2月9日(金) 16:30-22:00(5時間、休憩あり)
2月10日(土) 17:00-21:30(4時間、休憩あり)
2月11日(日) 15:00-19:30(4時間、休憩あり)
2月12日(月・祝) 9:00-17:00(7時間、休憩あり)

「革で世界全体を覆うことを考えるより、サンダルの底に革を貼ればよいではないか。」
- シャンティデーヴァ師

ヨガ、生命、そして不思議な力。その3つが交わる場所は、あなたの中にある。でも、生きるって難しいことです。立ち向かわなければならない課題は、自分の内側からも外側からも生まれてきます。練習をついつい怠ってしまい、すべてが一緒に失われていきます。そうなったら、次は何をすれば良いのでしょうか。もっと深く突き進むのです。この集中講座では、瞑想、ダーマの教え、自己観察、ヨガの練習を通して、次のステージの自分にとっての真理へと突き進むための力と創造性、勇気、そして信念を与えます。自分を守るサンダルを作りましょう。それを身に着けたら、奉仕と愛のある世界を心地よく歩いていけるでしょう。

このプログラムの対象者
サンアンドムーン100時間指導者養成コース、リストラティブヨガ指導者養成コース、ヨガセラピー指導者養成コース、マタニティヨガ指導者養成コース、その他のサンアンドムーンが(およびサンアンドムーン共催で)開催した指導者養成コースの修了者のみ。また、アバンダンスフローワークショップを受講した方もご希望によりご参加いただけます。

講師のリザ・ロウィッツについては、こちらをご覧ください。 www.lezalowitz.com、www.sunandmoon.jp

受講費: 164,000円(税込)
2017年12月1日までの早割り受講料(当該日付までに入金手続完了): 154,000円(税込)

circle1参加人数: 18名

日本語通訳: 高橋はるか

<申し込み方法>
このコースに参加ご希望の方は、メールにて、表題にコース名をご記入の上(必ずコースの年月を記載してください)、氏名、住所、電話番号、また以下の質問に率直かつ手短にお答えいただきお申し込みください。
・ご自身について(氏名、年齢、居住地、ヨガの経験、瞑想の経験、指導経験と指導者養成コースを受けた場所/年度、これまでの人生や仕事での経験など、他にも知らせておきたいことがあればお書きください。
・この集中コースに参加したい理由
・人生のどの分野を高めていきたいか。
・サンアンドムーンで修了した指導者養成コース名と年度、またはアバンダンスフローWSを受講した年度。

お申し込みを確認し、スタジオよりご案内のメールを送信します。ご案内メールに特別な記載がない限り、スタジオから送信するご案内メールより2週間以内に受講費を精算していただくことをもって、ご予約完了となります。ご入金も含め、お申し込み締め切りは、開催日の1週間前です。開催日の1週間前以前に定員に達した場合は、キャンセル待ちのみの受付となります。


ワークショップお申し込みの際、確認メールが1週間以内に届かない場合は、お申し込みが届いていないか、確認メールを受け取っていない可能性があります。確認が1週間以内に届かないときは、恐れ入りますが再度お申し込みをお願いいたします。特に、Gmail、ヤフーメール、Hotmailをご使用の方は、迷惑メールもご確認ください。 ナマステ


通常全てのワークショップは、英語で行われ、日本語の通訳がつきます。


過去のワークショップ
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年(英語)
2005年以前(英語)